⇒井上尚弥の特別番組が3/29放送決定!

全勝のホープ、エフェ・アジャバが慎重なボクシングで9RTKO勝ち VSラズバン・コジャヌ(ヘビー級10回戦)

(出典:WOWOW)

エフェ・アジャバ(ナイジェリア)VSラズバン・コジャヌ(ルーマニア)

(出典:WOWOW)

ヘビー級10回戦(2020年3月7日)

アジャバは、12戦全勝10KO、25歳。WBC16位。198cm。

リオ五輪出場のオリンピアン。昨年12月にイアゴ・キラッツィーとダウンの応酬の末、5RTKO勝ちしています。キラッツィー戦→https://www.boxing-blog.com/entry/20200220

コジャヌは、23戦17勝9KO6敗、32歳。202cm。

元WBOアジアパシフィックヘビー級チャンピオンです。2018年7月に”キングコング”ルイス・オルティスと対戦し、2RKO負けを喫しています。キングコング戦→https://www.boxing-blog.com/entry/20180912

試合経過)

1R)アジャバが左ジャブで前に

アジャバが、左ジャブを突いて前に出ます。巨漢のコジャヌは下がりながら、しっかりガードを固めています。アジャバの左ボディブローが、コジャヌの右わき腹をとらえました。アジャバは初回からもっとガンガン行くのかと思いましたが、意外に慎重です。

2R)アジャバは右のタイミングを計っている?

この回は、コジャヌが左右のパンチを放って前に出ます。アジャバは下がりながら、左ジャブを突いて、右のタイミングを計っているようです。そして、またじわじわとアジャバがジャブをついて前に出ます。そして、軽くワンツーを放ちます。

終盤、またコジャヌが前に出て、左右のフックを放ちます。アジャバはまだ様子見ですね。

3R)アジャバに少しエンジンがかかってきた

アジャバに、ようやくエンジンがかかってきたようです。少し力を込めて、上下にパンチを打ち込みます。右ストレートのタイミングもあってきた感じです。ヘビー級では珍しく、アジャバはボディへのパンチが多いですね。

アジャバのパンチはそれほどスピードがあるように見えなせんが、左ジャブは的確にコジャヌの顎にヒットしています。しかし、コジャヌも負けじと応戦してきます。

4R)お互い手数が少ない

アジャバの右が増えてきました。しかし、まだお互いに手数が少ないですね。コジャヌは巨漢を生かして、プレッシャーをかけ、前に出ますが、クリーンヒットはほとんどありません。

5R)今日のアジャバは慎重なボクシング

前に出るコジャヌに対して、アジャバはコンパクトなワンツーを返します。それにしても今日のアジャバは慎重ですね。それでも、ボディブローは結構、効果的にヒットしています。

6R)アジャバの手数が増えてきた

ガードを上げて前に出るコジャヌに、アジャバのボディブローがヒット。そしてようやくアジャバのコンビネーションが、コジャヌの顔面をとらえます。

ラウンド中盤から、アジャバの手数が増えますが、コジャヌも負けじと応戦します。しかし、パンチの的確性では、やはりアジャバが上ですね。

解説の浜田さんが「コジャヌ、ボディ嫌がっていますね」。

7R)コジャヌが失速?

この回は、コジャヌのいいパンチがヒットしています。アジャバはコジャヌのガードの堅さに手を焼き、やや攻めあぐねている感じがします。それでも何とか、ショートのパンチをコツンコツンと当てています。

何となく、コジャヌの動きに、精彩を欠いてきたような気がします。ラウンド終盤、体力に任せて攻め込みますが、クリーンヒットほとんどありません。

8R)ついにコジャヌが膝をついてダウン

そろそろ決めてほしいですね。

しかし、アジャバは左ジャブを突いて、右ストレートを放ちますが、強引にはいきません。

残り、1分弱、アジャバのオーバーハンドの右がコジャヌの顎をとらえ、さらに左右のフックを放つと、コジャヌが膝をついてダウン。疲労困憊といった感じですね。

カウント8で立ってきましたが、パンチのダメージより、もスタミナ切れという感じがしますね。アジャバの右ストレートでコジャヌが大きくのけぞり、さらに連打を畳みかけますが、レフリーは止めません。

9R)やっとストップ

まだ、やりますか。

アジャバが左右の連打を畳みかけますが、コジャヌはしぶとく応戦していきます。アジャバのパンチはことごとくヒットしているように見えますが、コジャヌは予想以上にタフですね。

しかし、残り20秒弱のところで、アジャバの右がヒットすると、コジャヌが崩れ落ちるようにダウンし、レフリーがすぐに試合をストップしました。

「わしボク」の節穴の「目」

もっと早くストップすべき

8ラウンドのダウンで、試合をストップしても良かったと思います。少なくともセコンドは、無駄な9ラウンドの前にギブアップすべきでしたね。

別人のようなアジャバ

イアゴ・キラッツィー 戦のスリリングなボクシングとは打って変わって、じわじわとダメージを与えていく、慎重な試合運びでした。コジャヌのガードが予想以上に堅かったのも要因の一つでしょうね。中盤は完全に攻めあぐねていました。

このまま判定決着かと思われましたが、コジャヌの反応が緩慢になったチャンスを逃さず、しっかり倒して試合を終わらせたのはさすがです。198cmと恵まれた体格は、魅力的ですが、もう少しパンチにシャープさがほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)