”キングコング”が戻ってきた! ルイス・オルティスVSラズバン・コジャヌ

ルイス・オルティス(キューバ)VSラズバン・コジャヌ(ルーマニア)

ヘビー級10回戦(2018年7月28日)

(出典:WOWOW)

オルティスは、31戦28勝24KO1敗2NC、WBC4位。元WBAヘビー級チャンピオンのサウスポーです。

ディオンテイ・ワイルダーとの大激戦は、年間最高試合の最有力候補と言われています。

年間最高試合の最優有力候補 ↓

速報)ディオンテイ・ワイルダー 過去最強の挑戦者を迎える VSルイス・オルティス WBC世界ヘビー級タイトルマッチ 大苦戦の末、10RTKO勝ちで防衛成功

年齢が39歳ですし、激戦のダメージを心配していましたが、わずか5か月足らずで、リングに戻ってきました。

コジャヌは、19戦16勝9KO3敗、31歳。

両選手とも世界戦からの再起第一戦となりますが、並列で語るにはあまりにも格が違う気がしますね。

ワイルダーをピンチに陥れた左は健在

コジャヌはオルティスに比べると、一回り大きいですね。

ただ、体に締まりがなく、見た目は”独活の大木”という感じです。

スピードは明らかにオルティスが上ですが、コジャヌはでかいだけに懐だけは深いので、まずは慎重に距離を図って様子を見ています。

しかし、それに要した時間はわずか3分足らず。

2ラウンドに入ると、オルティスが少しずつ間合いを詰め始めます。

コジャヌは何とか自分の距離を取ろうとしますが、オルティスは右ジャブをついて、左のタイミングを図っています。

 

そして、あっという間に試合は終わります。

 

残り約1分のところで、オルティスが左フックをコジャヌの顔面に叩き込み、間髪入れずに左ストレートを打ち抜きました。

(コジャヌの視界の外から右フック、そして突き刺すような左ストレート。完璧なワンツーですね)

もう見事というしかない”キングコング”の左ストレートでしたね。

膝から崩れるように倒れたコジャヌのダメージは深刻です。

ダウンした瞬間に「もう立てない」と思いました。

(膝から崩れるようにダウン。)

(ちょっと余談)

レフリーはカウント6でストップしましたが、結果はオルティスのKO勝ちです。

前にも書きましたが、カリフォルニア州のルールで、レフリーがストップしてもTKOではなく、KOとなります。

何度も言いますが、私はこのルールに賛成です。

レフリーが、最後までカウントするのと、途中でストップするのとで、結果を分けるのは全く無意味だと思います。

さてオルティスの今後は

話がそれましたが、戻ってきた”キングコング”は、さて誰と世界戦をやるのでしょね。

ディリアン・ホワイトとWBCタイトルの挑戦者決定戦をやるという話もありましたが、ホワイトは、どうやらアンソニー・ジョシュアとの再戦を希望しているようです。

まあ、とりあえずWBAチャンピオンのマヌエル・チャー(ドイツ)、いつの間にチャンピオンになったのでしょうね、に挑戦でもしますか。

私がチャーなら、やりたくないですけどね。

ちなみに、チャーは9月29日に、フレス・オケンドとの防衛戦が決まっています。

ジョシュアは、9月15日にアレクサンドル・ポペトキンと防衛戦を行います。

となると、ワイルダーとの再戦ですか。これも、ワイルダーにとっては、リスクが大きい割りにメリットがないような気がします。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)