マイキー!次の相手はエロール・スペンスじゃなくて、やっぱりロマチェンコでしょう! マイキー・ガルシアVSロバート・イースター

マイキー・ガルシア(アメリカ)VSロバート・イースター(アメリカ)

WBC・IBF世界ライト級王座統一戦(2018年7月28日)

WBC王者のガルシアは、38戦全勝30KO、30歳。

今年の3月にセルゲイ・リビネッツに判定勝ちして、4階級制覇を達成。一旦は、S・ライト級にとどまることを表明していましたが、結局IBF世界S・ライト級タイトルを返上し、ライト級に戻ってきました。

IBF王者のイースターは、21戦全勝14KO、27歳。

180㎝の長身ボクサーで、リーチはなんと193㎝。

ガルシアとの身長差は13㎝、リーチ差は21㎝もあります。

下馬評では圧倒的にガルシアが有利ですが、さて、この長さをどう克服するのでしょうか。

あっという間に距離を詰める

予想通りイースターが速くて長い左ジャブを突いて、ガルシアの接近を許しません。

これは、思っていた以上に遠い感じですね。

しかし、ガルシアは並みのボクサーではありませんね。ジャブを先に当てたのは、ガルシアの方でした。

そして、あっという間に、距離をつぶし、ペースまでつかんでしまいます。

イースターの長いジャブは、ほぼ見切られて、空を切ります。

ガルシアはプレッシャーをかけ、イースーターを追いつめます。

3ラウンド終盤、バックステップを踏み続けたイースターに、ガルシアの左ジャブから右フックがヒットし、返しの左フックで早くもイースターがダウンします。

(左ジャブを突いて、素早く飛び込んで右フックをヒット)

狙っていた右を狙い通りに当てる技術は、ちょっと真似ができないでしょうね。まさに職人芸です。

立ってきたイースターは、とりあえずゴングに救われます。

ガルシアがプレッシャーをかけ続ける

イースターにそれほどダメージは感じられません。とにかく左ジャブを突いて、自分の距離をキープすることに専念します。

ガルシアも右を狙いすぎなのか、前に出てプレッシャーをかけますが、それほどパンチは出しません。

イースターは攻防分離型のボクシングなので、カウンターはほとんど打ちません。

ガルシアにとっては、距離を詰めやすいボクサーと言えるでしょう。

ただ、ガルシアがロープに詰めて連打を放つと、イースターはガードを固めてしっかりディフェンスするので、崩すのは容易ではありません。

イースターも、左ジャブはガルシアの攻撃を阻むのには十分効果的ですが、そこから先の攻撃が続かないのが残念です。

8ラウンドにややプッシャーを強める

8ラウンドに入ると、7ラウンド終了間際のワンツーで手応えを感じたのか、ガルシアがプレッシャーを強めてきました。

9ラウンドはさらにプレッシャーが強くなり、明らかに「倒しに来た」感じですね。

しかし、イースターもここが勝負と判断したのか、果敢に反撃に転じます。一番盛り上がったラウンドでしょう。

なかなか白熱した攻防の後、やや疲れたイースターにガルシアが襲い掛かります。

イースターが逃切り態勢?

10ラウンドは、やや疲れの見えたイースターが、左ジャブで距離を取り、ロープに詰まるとガードを固めてクリンチ。どうやら、ガルシアのボディブローが効いたようですね。

ガルシアもさすがにパンチにキレがなくなり、逃げ回るイースターを追いつめますが、ビッグパンチを打ちこむことが出来ません。

結局、KO負けを回避することに専念するイースターを捕まえきれず、最終回のゴングが鳴らされました。

 

判定は3-0(116-111、117-110、118-109)で、ガルシアが全く危なげなく王座を統一しました。

次はエロール・スペンスと!

問題は、ガルシアの次の対戦相手です。なんと、2階級上のエロール・スペンスとの対戦を希望しているようです。

いやいや、いくら何でもそれは無謀でしょう。でも、本人は本気のようですよ。

「わしボク」はもちろん、ワシール・ロマチェンコとの統一戦がぜひ見たい!

スペンス戦はその後でもいいでしょう~

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)