久々にデビッド・レミューの剛腕がさく裂しカネロへの挑戦権を獲得 VSゲイリー・オサリバン 

デビッド・レミュー(カナダ)VSゲイリー・オサリバン(アイルランド)

WBA世界ミドル級挑戦者決定戦(2018年9月16日)

レミューは、43戦39勝33KO4敗、29歳。WBA4位。

ゴロフキンに負けてから、5勝2KO1敗と自慢の剛腕がはやや湿りがちです。

ビリー・ジョー・サンダースに完敗したレミューにとっては、この試合は生き残りを賭けた正念場となりますね。

オサリバンは、30戦28勝20KO2敗、34歳。

クリス・ユーバンクJRに負けてから6連勝し、WBA3位まで浮上してきました。しかし、オサリバンの髭は、大阪出身のマジシャン、ムッシュ・ピエールみたいですね。

勝った後、”トレビア~ン”なんて言ったりして。(ご存じない方、ごめんなさい)

左フック一発

左ジャブを突いて距離を詰めようとするレミューに対し、オサリバンは左フックのカウンターを合わせてきます。

しかし、徐々にテンポを上げ、ガードの上から積極的にパンチを打ち込んでくるレミューに、「オサリバンがオサレギミ」になります。

オサリバンも、ガードを固め、レミューにクリーンヒットは許しません。

このまま、初回が終わるかと思われた残り30秒。一瞬の出来事でした。

オサリバンの左ジャブに合わせて、レミューが放った右フックがオサリバンの顎を打ち抜き、崩れるようにダウン。おそらくレミューは放ったパンチの中で唯一のクリーンヒットだったと思います。

(先にオサリバンの左ジャブを首で受け、カウンター気味に右フックをヒット。ただ、レミューはしっかり相手を見ていますよ)

倒れた瞬間、「これは立ってこないな」と思えるほど、見事な右フックでした。

レフリーはカウント5で、試合をストップしました。

(この角度から見ると、レミューは相手を見ていないように見えますね。)

浜田さんは、「レミューは相手を見てないですね」と言ってましたが、レミューはしっかりオサリバンを見ていますね。(上の写真)

レミューのパンチは健在でしたが、ややラッキーなパンチという感じはしますね。

これで、カネロ・アルバレスへの挑戦権を獲得しましたが、このパンチがカネロに当たることはないでしょう。

誰もが予想できることですが、レミューの剛腕は空回りして、終盤TKO負けか大差の判定負けでしょうね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)