ボクシング観戦記(海外編)

ハイメ・ムンギアが大苦戦の末、4度目の防衛に成功。しかし大きく評価を下げましたね VSデニス・ホーガン

ハイメ・ムンギア(メキシコ)VSデニス・ホーガン(オーストラリア)

WBO世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2019年4月13日)

ムンギアは、32戦全勝26KO、22歳。

今年の1月26日に井上岳志に判定勝ちし、3度目の防衛戦に成功したばかりです。

ホーガンは、30戦28勝7KO1敗1分け、34歳。WBO1位。

2017年に野中悠樹と対戦し、判定勝ちしています。

ムンギアの強打が空転

序盤からムンギアがプレッシャーをかけますが、ホーガンは下がりながら、時折踏み込んでパンチを放ちます。ムンギアのパンチは大振りで、ホーガンの速い動きに空を切る場面が目立ちます。ロープに詰めて強打を叩き込みますが、ホーガンのボディワークでほとんどクリーンヒットしません。そして、ホーガンのパンチを無防備で被弾。相変わらずディフェンスは雑ですね。

ボディブローに活路

中盤は、ムンギアの左フックがホーガンのボディにヒットし出します。このボディは結構効果的で、ホーガンの動きが少し鈍ってきます。しかし、相変わらず顔面へのパンチは大振りで、ほとんどクリーンヒットしません。そして、ムンギアの動きが止まると、ホーガンのパンチがムンギアの顎をとらえます。ムンギアのパンチがヒットするのは、ほとんどボディブローだけですが、ボディアッパーはかなり効いているような気がします。

少しずつホーガンが押され気味になってきましたが、ムンギアの表情にもかなり疲れが見えます。ただ、序盤、無防備に被弾していたホーガンの右ストレートはようやく読めてきたようです。

終盤、ホーガンが反撃

このまま、一気にムンギアが押し切ると思われましたが、ホーガンもしぶといですね。互角の打ち合いを展開します。ただ、ムンギアのディフェンスがさらに雑になってきています。相変わらずムンギアがプレッシャーをかけて前に出ますが、手数が少しずつ減ってきています。

そして、11ラウンドにホーガンのパンチがムンギアの顎をとらえると、たたらを踏むように後退。この日一番のクリーンヒットだったと思います。幸いホーガンにパンチ力がなかったので、見た目ほどダメージはなかったようです。

最終ラウンドはムンギアが強引に打って出ますが、大振りのパンチは空を切るばかりで、雑なディフェンスをついてホーガンのパンチの方がヒットします。

判定は2-0(114-114、115-113、116-112)で辛くもムンギアが4度目の防衛に成功しました。

しかし、井上岳志に続いて、またも判定防衛。新星ムンギアは大きく評価を下げましたね。

No tags for this post.

POSTED COMMENT

  1. 団長 より:

    せっかく夜更かしして観てたのに、ムンギアの工夫のない大振りパンチにはガッカリしました。でも人材不足のこの階級ではしばらく防衛するんでしょうね。

    • わしボク より:

      この日のムンギアはひどかったですね。攻めも守りもむちゃくちゃ。
      パワーで押し切っただけでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)