ボクシング観戦記(日本人編)

速報)「PFPナンバー1」ワシル・ロマチェンコが4RTKO勝ちで圧勝 VSアンソニー・クロラ(WBA・WBO世界ライト級タイトルマッチ)

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)VSアンソニー・クロラ(イギリス)

(出典:WOWOW)

WBA・WBO世界ライト級タイトルマッチ(2019年4月13日)

ロマチェンコは、13戦12勝9KO1敗、31歳のサウスポー。

世界最強のロマチェンコも、ライト級に上げてから、ロマチェンコらしいパフォーマンスに陰りが見えます。

クロラは、43戦34勝13KO6敗3分け、32歳。

ホルヘ・リナレスと2度の激戦を演じています。体幹の強さとスタミナならロマチェンコより上かもしれません。

実力差はかなりあると思いますが、試合が後半にもつれると、クロラの反撃に苦戦するかもしれません。果たして、圧倒的なスペックの違いを見せつけて、久しぶりに「ロマチェンコ勝ち」が見られるでしょうか。何だか「大番狂わせ」の予感もします。

試合経過)

アンダーカードの2試合が終わり、いよいよロマチェンコの登場です。

1R)

ロマチェンコが前にでますが、まだそれほど手は出しません。慎重に様子を見ていますね。
クロラはガードを固めています。 終盤、ロマチェンコがボディから顔面にパンチをヒット。

2R)

ロマチェンコの動きが激しくなってきました。ギアを上げてきたようです。ロマチェンコがプレッシャーをかけます。ロマチェンコのアッパーがヒットしました。

3R)

クロラも少し積極的に出てきましたが、ロマチェンコの反撃でまた下がります。ロマチェンコの手数がさらに増えてきました。上下にパンチを打ちこみ、ロープに詰めて連打を浴びせると、レフリーがストップしましたが、どうやら、ロープダウンをとったようです。クロラはゴングに救われます。

(ロープがなければダウン、ということでしょうね)
(しかし、ロマチェンコ側はレフリーストップと勘違い)

4R)

ロマチェンコがガンガン攻めます。クロラは防戦一方です。そして、右フックがテンプルにヒットし、クロラがダウンしました。これは効いた!立てません。レフリーがカウントの途中で試合をストップしました。ロマチェンコのTKO勝ちです。

(ナックルがきれいに返っています)
(クロラはうつ伏せにダウン)

今日のロマチェンコは完璧なボクシングでしたね。以前の2試合に比べると、明らかにパワーアップしていますし、パンチ力もアップしています。

「わしボク」はマイキー・ガルシアよりも、ジャーボンテイ・デービスかテオフィモ・ロペスと対戦してほしいですね。

No tags for this post.

POSTED COMMENT

  1. 団長 より:

    こんにちは!
    ロマチェンコにとっては完璧な試合でしたね。開始早々クローラの力量を見切ったのか、珍しく1Rから強いコンビネーションを出していました。試合後のインタビューで言っていたように、年末の右肩手術がうまく行ったことで以前の強さが戻ってきたのでしょう。まだまだライト級では体格が見劣りしますが、この試合のようなパワーを出せれば対ガルシア含めて当面敵無しでしょうね。見合う対戦相手がいなさそうなのが気になります。それにしてもクローラ、何もできずに情けなかった。

    • わしボク より:

      ライト級でも体幹が強いクロラを圧倒したのですから、これからもライト級で充分ロマチェンコらしさを発揮できると思いますよ。
      問題は、対戦相手ですね。探すのに苦労しそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)