ハイペースで防衛戦をこなすハイメ・ムンギアの勢いは止まらない! VSブランドン・クック

ハイメ・ムンギア(メキシコ)VSブランドン・クック(カナダ)

WBO世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2018年9月16日)

(出典:WOWOW)

ムンギアは、30戦全勝25KO、21歳。

5月にサダム・アリからタイトルを奪って、わずか4か月で早くも2度目の防衛戦を行います。

初防衛戦から2か月も経っていません。しかも、12ラウンドフルに戦っての判定勝利です。

”超新星”ハイメ・ムンギアが元チャンピオンにダウンを奪って完勝 VSリアム・スミス

彼にとっては、試合はスパーリングみたいものかもしれませんね。

クックは、21戦20勝13KO1敗、32歳。WBO3位。

戦績は立派ですが、名のある選手との対戦はほとんどありません。

身体能力が違いすぎる

ムンギアの方が一回り大きく見えます。

しかし、パワーはけた違いでした。でも、相変わらず試合中も口は開けたままです。

徐々に身体が温まってきたムンギアは、初回からパワフルなパンチでクックを攻め立てます。

2分過ぎには、右ストレートがクックの顔面をとらえ、クックは大きく体勢を崩します。

(パワフルな右ストレートをクックに叩き込む)

そこから、ムンギアが連打を畳みかけ、クックをコーナーに詰めて、得意の左ボディブローでクックの腰が折れます。

早くもクックはダウン寸前のピンチに陥りますが、何とかゴングに救われます。

もう、身体能力が違いすぎますね。

2ラウンドは、クックが接近戦に活路を見出そうとしますが、すぐにムンギアのパワーに突き放されます。

コーナーに詰めて、ムンギアがパワフルなワンツーを叩き込みます。

ラウンド終盤には、また、ムンギアの連打にさらされ、ゴングに救われます。

最後はパワーでねじ伏せる

3ラウンド、勝負に出た感じのクックが、接近戦でムンギアに迫ります。

しかし、あっさりとムンギアのパワーに突き放され、コーナーに詰まってムンギアの連打にさらされます。

最後は押しつぶされるようにダウン。

(コーナーに詰めてムンギアが連打を叩き込みます)

何とか立ってきたクックに、ムンギアが襲い掛かります。

最後は左ボディブローのダブルで防戦一方になったクックを、レフリーが救いました。

(ムンギアの左ボディフックは相当威力がありますね。)

3RTKO勝ちで、ムンギアが2度目の防衛に成功しました。

「わしボク」の希望としては、ミドル級に上げる前に、ケル・ブルックと対戦してほしいですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)