ヒルベルト・ラミレス リマッチでも後半失速し大苦戦 VSジェシー・ハート

ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)VSジェシー・ハート(アメリカ)

(出典:WOWOW)

WBO世界S・ミドル級タイトルマッチ(2109年12月14日)

ラミレスは、38戦全勝25KO、サウスポーの27歳。

5度目の防衛戦となりますが、残念ながら世界戦5試合でKOは1度しかありません。

ハートは、26戦25勝21KO1敗、29歳。WBO1位。

2017年に挑戦し、惜敗しています。→(前戦)https://www.boxing-blog.com/entry/2017-10-24-125924 その後3連続KO勝ちで、リマッチにこぎつけました。

前半はラミレスが圧倒

序盤からラミレスが積極的に前に出てプレッシャーをかけ、ハートを追いつめます。ハートは長いリーチを全く生かせず、ラミレスのパワーに圧倒されます。

ラミレスはフィジカル面では、このクラスNO,1ではないでしょうか。上背でもリーチでも上回るハートよりも大きく見えます。

前に出てプレッシャーをかけるラミレスに、6ラウンドまでは完全にハートは押されっぱなしで、一方的な展開になってきます。これはKOも期待できるかな思ったのですが。

後半突然失速

ラミレスの様子がおかしくなったのは、後半、7ラウンドです。前に出てパンチを放つのですが、何となく雑になってきた感じがし、8ラウンドにはいるとハートの反撃に合い、明らかに動きも悪なってきます。前半、飛ばしすぎてスタミナ切れかなと思いましたが、どうやら、この回に左ひじを痛めたようですね。

ハートの反撃

前半とは打って変わって、今度はハートが前に出てパンチを放ち、ラミレスがロープに詰まるシーンが多くなります。ただ、ハートのパンチも、ラミレスのボディワークでそれほどクリーンヒットはしていません。しかし、ラミレスの表情は厳しいですね。このあたりで、エキサイトマッチの解説陣も、ラミレスの故障に気が付いたようです。

ところが、最終ラウンドにラミレスが右フックの連打で、ハートを窮地に陥れます。ここで左が打てれば仕留めていたでしょうね。残念ながら、ハートもよれよれになりながらも、この回を何とかしのぎ切りました。

判定は2-0(114-114,115-113,115-113)の僅差で、ラミレスが何とか5度目の防衛に成功しました。しかし、両者の力の差は明らかですね。3度目があってもハートは勝てないでしょう。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)