速報)アレクサンデル・ポペトキンVSデビッド・プライス WBAインターコンチネンタル・WBOインターナショナルヘビー級タイトルマッチ ポペトキンが豪快にTKO 

アレクサンデル・ポペトキン(ロシア)VSデビッド・プライス(イギリス)

 

WBAインターコンチネンタル・WBOインターナショナルヘビー級タイトルマッチ(2018年4月1日) 

f:id:stonemeintothegroove:20180401103554j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180401103603j:plain

(出典:WOWOW)

ジョシュアVSパーカーのアンダーカードとして行われます。

 

ポペトキンは34戦33勝23KO1敗、38歳。身長は188㎝。

1敗は2013年、ウラジミール・クリチコに判定負けしたものです。

 

プライスは26戦22勝18KO4敗、34歳。身長が203㎝あり、ポペトキンとの差が15㎝あります。

元イギリスヘビー級チャンピオンです。

 

試合経過)

 1R)

やはり体格差がすごいですね。

ポペトキンは、距離を測っている感じです。なかなか遠いですね。

2R)

ポペトキンが少しずつ距離を詰めています。

プライスの動きにスピード感はありません。

ボディから上へ打っていくポペトキンに対し、プライスも長いジャブを打ってきます。

3R)

ポペトキンが少し積極的に攻めていきます。

ポペトキンの左フックが、プライスの顎にヒット。プライスがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180401103711j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180401103719j:plain

(プライスが警戒していたポペトキンの左フックがヒット)

f:id:stonemeintothegroove:20180401103748j:plain

(それほどダメージはなさそうです)

 

4敗すべてKO負だけに、打たれ強くはないでしょうね。

プライスは左目をカットしています。

今度はプライスの左フックがカウンターでヒットし、ポペトキンが大きく体勢を崩し、ロープに飛ばされました。

f:id:stonemeintothegroove:20180401103931j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180401103942j:plain

(プライスの左フックがカウンターでヒットし、ポペトキンがコーナーに飛ばされました)

レフリーはダウンを取りました。

4R)

ポペトキンがプレッシャーをかけて距離を詰めます。

手数はポペトキンの方が多いですね。

プライスは左のカウンターを狙っています。

ポペトキンの動きがあまりよくないですね。

5R)

ポペトキンはダメージが残っているのか、踏み込みにスピードがありません。

長い距離に苦労しています。

クリンチの後、試合が再開されて、いきなりポペトキンの右フックがヒットし、プライスの動きが止まったところへ、返しの左フックがまともにプライスの顎をとらえました。

f:id:stonemeintothegroove:20180401104141j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180401104154j:plain

(最初の右が完全に効いていましたね。プライスは左のフックは全く無防備でもらっています)

プライスがダウンしました。これは立てないでしょう!

f:id:stonemeintothegroove:20180401104350j:plain

(プライスは完全に失神)

レフリーがストップしました。

ポペトキンが5R、TKOで防衛に成功しました。

プライスのダメージはかなり深刻ですね。まだ、立ち上がれません。

 

フィニッシュブローの左フックは、全く無防備のプライスの顎を打ち抜く豪快なパンチでした。このパンチがなくても、右フックだけでダウンしていたような感じです。

 

ポペトキンはWBAとWBOで1位ランクにされています。

ジョシュアVSパーカーの勝者には、ワイルダーが待っていますが、ポペトキンはその次を狙っているでしょうね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です