速報)ロマゴンが5ラウンドTKO勝ちで再起! ローマン・ゴンザレスVSモイセス・フェンテス

ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)VSモイセス・フェンテス(メキシコ)

S・フライ級10回戦(2018年9月16日)

(出典:WOWOW)

ゴンザレスは、48戦46勝38KO2敗、31歳。元4階級制覇チャンピオンで、現在WBC世界S・フライ級2位にランクされています。

昨年9月に、シーサケット・ソールンビサイに衝撃のKO負けを喫してから、1年ぶりの再起戦となります。

フェンテスは、30戦25勝14KO4敗1分け、32歳。元2階級制覇チャンピオンで、現在WBC世界フライ級5位にランクされています。

2016年に、田中恒成とWBO世界ライトフライ級王座決定戦で、TKO負けしています。

2018年2月に、比嘉大吾に初回KO負けを喫して以来の再起戦となります。

試合経過)

1R)

フェンテスが一回り大きく見えます。身長170㎝と、意外と背が高かったんですね。

ロマゴンは、いつも以上に慎重な立ち上がりです。後半、ボディを中心に、少しずつずつロマゴンが出てきました。

2R)

フェンテスが出てきました。ロマゴンはいつほど、体の動きにキレがありませんね。リズムもまだ本調子ではありません。

後半、ロマゴンが出てきました。ようやくいつものようにプレッシャーをかけて前に出ます。

コンビネーションが出ましたが、あまりパンチにパワーが感じられませんね。

しかし、ロマゴンは、フェンテスのパンチは見切ってきたようです。

3R)

フェンテスも負けずに、腰を落として打ち返してきました。

しかし、ロマゴンは連打で、フェンテスをロープに詰めます。

今日のロマゴンは、かなりディフェンスに気を使っています。(西岡さん:談)

相手をよく見て、リズミカルに軽いパンチを放っています。

ようやくロマゴンらしくなってきました。

4R)

また、フェンテスが出てきました。しかし、ロマゴンが応戦します。

かなり打ち合いの様相を呈してきました。ロマゴンが、前に出てプレッシャーをかけパンチを放ちますが、どうもパンチの威力が今一つ。フェンテスも結構打ち返してきます。

しかし、ロマゴンは、軽いパンチのコンビネーションで、フェンテスをロープから逃がしません。

5R)

フェンテスが勝負に出た感じですが、ロマゴンのプレッシャーが強い。

また、ロープに詰まりパンチの応酬です。

そして、力みのない右フックがカウンターでフェンテスの顎を打ち抜き、フェンテスがダウン!

(見事な右フックのカウンターです!)

完全に失神。しばらく立ち上がれません。

やっぱり、ロマゴンのここ一番のパンチはすごいですね。

ただ。完全復活には程遠い感じですね。どうもS・フライ級ではロマゴンはパワー負けするような気がします。

もう少し普段から節制して(自分のことは棚に上げて「わしボク」:談)、フライ級に戻すことはできなのでしょうか。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)