ルイス・ネリは井上尚弥にとって、一番危険な相手かもしれない VSマクジョー・アローヨ

ルイス・ネリ(メキシコ)VSマクジョー・アローヨ(プエルトリコ)

(出典:WOWOW)

バンタム級10回戦(2019年3月16日)

ネリは、28戦全勝22KO、24歳のサウスポー。WBC1位、WBA8位。

「問題児」ネリは、6か月間の停止処分後は2連勝(2KO)して、世界のトップ戦線に返り咲いています。

アローヨは、20戦18勝8KO2敗、33歳のサウスポー。IBFスーパーフライ悠11位、WBO13位。

元IBF世界S・フライ級チャンピオン。井岡一翔に判定負けしたマクウイリアムス・アローヨの双子の弟です。

パワーが違いすぎる

初回はお互い右ジャブ(サウスポー対決)をついて、様子を見ていましたが、後半になると早くもネリが大振りをパンチを放ってプレッシャーをかけます。

2ラウンドになるとアローヨの力量を見切ったように、ガンガン前に出てプレッシャーをかけ、左右のパンチを思い切り打って出ます。アローヨは押されっぱなし。防戦一方に追い込まれます。

そして、ロープに詰まったアローヨに、ネリの左アッパーがカウンター気味ヒットし、1度目のダウンを喫します。実況の高柳さんはボディブローと言ってましたが、顎にヒットしていましたね。

(ネリの左アッパーが顎にヒット)
(確かにダウンした時はボディが効いている感じですが)

余裕すら感じられるネリは、完全に飲んでかかったように襲い掛かります。ラウンド終盤に、強烈な連打でアローヨは大きく体勢を崩します。

アローヨも応戦するが

3ラウンドは、アローヨもペースを取り返そうと、先手でパンチを放ち、やや持ち直した感じがしました。しかし、ネリが一気にアローヨをロープに詰めて、パワー全開の左右連打を打ち込むと、アローヨはあっさり2度目のダウンを喫します。

(なぎ倒すような豪快なパンチ)
(もう勝負あった感じですが)

ここで「勝負あった」感じがしましたが、アローヨは立ってきます。ネリの追撃はなんとかゴングで中断されます。

4ラウンドは不要

力の差は歴然としていますね。3ラウンドで試合を止めても良かったと思います。

アローヨが必死で反撃しますが、ネリはお構いなしに思い切りパンチを振り回してきます。ロープに詰まって連打にさらされたアローヨは、追撃を回避するように3度目のダウン。しかし、立ってきたアローヨは、またもやロープに詰まり連打に浴びると、4度目のダウンを喫します。

ここでも立ってきたアローヨに、レフリーは試合を続行させます。

しかし、5ラウンドの開始のゴングが鳴っても、アローヨはコーナーから出てきません。ようやくギブアップしたようです。ダメージを考えると4ラウンドは不要でしたね。

対戦するとしたらまずは井上拓真

WBCは、現在正規王者がノルディン・ウーバーリ―で、暫定王者が井上拓真です。この二人の勝者に1位のネリが挑戦することになると思います。

ネリの戦力は、パワーだけなら一級品でしょうね。攻撃はやや雑ですが、アローヨ戦ではほとんどパンチをもらっていません。攻撃型のボクサーですが、パンチの見切りの良さ、ボディワークの上手さは、かなりレベルが高いと思います。残された問題は、打たれ強さとスタミナですね。

井上拓真が対戦るとしたら、とにかく前半戦を乗り切ることが最大の課題でしょう。パンチのスピードとフックワークで、ネリのスタミナ切れを待つしか勝機はなさそうな気がします。スピードとスタミナは井上に軍配が上がると思います。でも、ネリはまだ24歳ですから、これからさらに強くなるでしょうね。

実は、「わしボク」はものすごく消極的な考えで、ネリが減量苦で階級を上げてくれないかな、とひそかに願っています。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)