速報)ゲンナディ・ゴロフキンVSサウル・カネロ・アルバレス第2戦 WOWOWエキサイトマッチ ついにゴロフキンが陥落!

ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)VSサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)

WBA・WBC世界ミドル級タイトルマッチ(2018年9月16日)

(出典:WOWOW)

ゴロフキンは、39戦38勝34KO1分け、36歳。

アルバレスは、52戦49勝34KO1敗2分け、28歳。

ちょうど一年ぶりの再戦となります。

前回は1-1の引き分け。「わしボク」は、常に攻撃的だったゴロフキンが勝っていたと思います。

今回も、下馬評はゴロフキンがやや有利となっていますが、「わしボク」は、カネロの勝利、しかもTKO勝ちと予想します。

最近のゴロフキンはディフェンス勘が明らかに衰えていますし、パンチ力も全盛期に比べると80%、ひょっとすると70%ぐらいの威力だと思います。

一方のカネロは、試合運びが堅実で、負けないボクシングをします。ディフェンスも隙が無くボディワークが巧みで、パンチを殺すのが上手いですね。

ゴロフキンが強引に攻めこむと、カネロのカウンターの餌食になるかもしれません。

ちなみに体格を比較すると、

      身長    リーチ

ゴロフキン 179㎝    178㎝

アルバレス 175㎝    180㎝

距離はほぼ同じと考えていいですね。

お互いのパンチが錯綜するスリリングな展開なるか、お互いが警戒しあって会場にブーイングの嵐が巻き起こるか、さあどっちでしょう。

試合経過)

カネロの方がリラックスしている感じです。

1R)

カネロは右ひざにテープを巻いていますね。

お互い早くも打ち合いムード満点です。カネロは下がりませんね。

左ジャブの差し合い。ややゴロフキンが上かな。

終盤、カネロの方が前に出ます。

2R)

なかなか緊張感がありますね。

アルバレスの左アッパーがヒット!カネロが攻勢をかけます。ゴロフキンがやや打ち負けていますよ。

カネロの方がプレッシャーをかけます。左の差し合いもカネロが上です。

3R)

ゴロフキンが出てきました。

お互いアッパーの打ち合いです。カネロも負けずに前に出ます。

カネロがプレッシャーをかけています。ゴロフキン、少し息があがった?

ペースはカネロですね。

4R)

ゴロフキンがまた出てきました。しかし、カネロも下がりません。

カネロのパンチにパワーが感じられます。

お互いボディブロー!

後半、カネロの手数が減ってきましたが、カネロのボディブローがヒット。

5R)

カネロのボディブローが上手いですね。

それと、カネロは今回、かなりパワーアップしています。

ゴロフキンがカネロのボディブローを嫌がっていますね。

あの、ゴロフキンが下がっています。やや押されていますね。

6R)

ゴロフキンの重心が高くなってきました。

カネロのボディブローがヒット。心持、ゴロフキンの腰が少し引けきた感じがします。

ゴロフキンが押されています。

ゴロフキンのパンチの精度も悪くなっています。

「ゴロフキンがきついですね」(浜田さん:談)

7R)

カネロがプレッシャーをかけます。ゴロフキンは動きも悪くなってきました。

しかし、ゴロフキンも必死で応戦します。

カネロの攻撃がだんだん大胆になってきました。ゴロフキンのパンチを見切ってきたようです。

ゴロフキンのパンチではもう、カネロは下がりません。

8R)

カネロはボディを狙っています。ゴロフキンが苦しんでいます。

しかし、ゴロフキンが必死で打ち返しています。この回は、ゴロフキンの手数が上回っていますね。

少しカネロの攻撃が止まった感じです。

9R)

ゴロフキンがギアを上げて打ち込んできます。

カネロはやや疲れたか。

ゴロフキンのパンチに力が多くなってきましたが、カネロがボディブローを打つと、ゴロフキンは下がります。

かなり、ボディは苦しそうですね。

10R)

スタミナ勝負になってきましたね。

カネロの手数がまた増えてきましたよ。

ゴロフキンの右ストレートがヒット。しかし、追撃のパンチが当たらない。

今度はアルバレスの反撃です。ボディを打つと明らかにゴロフキンは嫌がっていますね。

なんか、ゴロフキンのステップが変です。

しかし、終盤ゴロフキンのワンツーが綺麗にヒット。

11R)

ゴロフキンが出ます。アルバレスは明らかにスタミナが切れてきましたね。

しかし、ゴロフキンはボディが効いています。

ゴロフキンが連打を浴びせます。アルバレスはスピードもなくなりました。

ただ、ゴロフキンもパンチにそれほど威力がありません。

12R)

ゴロフキンが行きます。右アッパーがヒット!

お互い必死でパンチを出しますが、クリーンヒットしません。

両者ホントに疲れましたね。

パンチを出すのはゴロフキン、前に出てプレッシャーをかけるのはカネロです。

 

前半のリードを守って、カネロの判定勝ちかな?

やはり2-0(114-114、115-113、115-113)でカネロがタイトルを獲得しました。

ついに、ゴロフキンが負けました。しかし、後半盛り返すファイティングスピリットはさすがです。

「わしボク」はカネロみたいな堅実なボクサーはどうも好きになれません。ゴロフキンにぶちのめされるところを見たかったのですが、残念です。

村田諒太にとっては、カネロの方がやりにくいでしょうね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)