”パッキャオ二世”ジェルイン・アンカハスが大苦戦、薄氷を踏む引き分け防衛 VSアレハンドロ・サンチャゴ

ジェルイン・アンカハス(フィリピン)VSアレハンドロ・サンチャゴ(メキシコ)

IBF世界S・フライ級タイトルマッチ(2018年9月28日)

(出典:WOWOW)

アンカハスは、32戦30勝20KO1敗1分け、26歳のサウスポーです。

パッキャオの後継者として、フィリピンでは大いに将来性を期待されています。今回が6度目の防衛戦となり、すっかり安定王者となってきましたね。

ちなみに、2016年に井岡一翔のアメリカデビュー戦の相手、マックウィリアムス・アローヨに大差で判定勝ちしています。(アンカハスが対戦したのは、双子の弟のマックジョー・アローヨでした。お詫びして訂正させていただきます。)

サンチャゴは、22戦16勝7KO2敗1分け、22歳。IBF14位。

井上尚弥のアメリカデビューの相手、アントニオ・二エベス(井上の6RTKO勝ち)と2016年8月に対戦し、引き分けています。

アンカハスにとっては調整試合みたいなもので、早い回で倒して、力差の差を見せ付けてくれいるでしょうね。

小さな的にてこずる

10㎝ぐらいアンカハスの方が大きく見えます。

アンカハスは、パッキャオ二世と言われるように、速いステップインでワンツーを放つボクサーです。

ただ、「わしボク」は前にも書きましたが、パッキャオに似ているようには思えないんですよね。

パッキャオよりスタイリッシュなサウスポーで、フットワークが軽く、オーソドックススタイルのような自然な構えをしています。

しかし、今回の相手は、遠い距離からアンカハスの打ち終わりを狙っています。

アンカハスの左ストレートは、ことごとくこの速いバックステップで外され、サンチャゴに届きません。

いつもは抜群の距離感で試合をコントロールするアンカハスが、小さな速い的に得意の左ストレートを打ち込むことが出来ません。

距離を支配しているのは、むしろサンチャゴの方です。

回を追うごとに、アンカハスの右ジャブも減ってきて、パンチが大振りになり、攻めが単調で、ほぼサンチャゴに読まれています。

作戦変更も一時しのぎ

後半は、追いかけても捕まらないアンカハスが、サンチャゴの攻撃を待ち、カウンター狙いに作戦を変更したようです。

待たれるとややサンチャゴの手数が減り、アンカハスが落ち着きを取り戻してきました。

しかし、このカウンター狙いに戸惑いを見せたサンチャゴも、終盤は前に出てパンチを放ち、アンカハスが打ち返した時には、もうそこにはいません。速いバックステップでアンカハスのパンチは空を切ります。

パンチが交錯する接近戦でも、パンチの回転が速いサンチャゴの方がクリーンヒットが多く、当て勘が良くディフェンスの固いアンカハスの方が、やや打ち負けている感じがします。

アンカハスは最後まで距離がつかめず、追い打ちをかけると体が流れる始末。とにかく手数が少なすぎます。

KOを量産していたアンカハスとは別人のように精彩を欠き、一方のサンチャゴは最終ラウンドまでフットワークが止まることなく、距離もペースもアンカハスに譲りませんでした。

「わしボク」には、サンチャゴの方が優勢に見えましたが、判定は1-1(116-112、111ー118、114-114)で引き分け。首の皮一枚残して、アンカハスが防衛に成功しました。

サンチャゴの悔しそうな顔が印象に残りましたね。完全に勝ったと思ったでしょう。

No tags for this post.

6 Comments

わしボク

あさん、ご指摘ありがとうございます。
アンカハスと戦ったのは、双子の弟の方ですね。

返信する

アンカハスのワンツーはタイミングと入るパターンが同じですよね。種類が少ないと言うか、左を当てる技術が、当てる工夫がパッキャオに比べると少ない。パッキャオのように細かなステップでタイミングを測られないようにする工夫が無い。だからバックステップで逃げられたときには、何も出来ない。パッキャオならバックステップで下がらせた後に左を叩き込めるんだけど、アンカハスにはそれが出来ない。近距離にも差があり、アンカハスはクリンチで逃げるだけ。

サンチャゴは惜しかったですね。もう少し、打ち合う勇気があればチャンピオンになれた試合でした。試合結果を知ってからこの試合を見たからそう思うだけだけど。

返信する
わしボク

jさん、コメントありがとうございます。
この日のアンカハスは、別人のように精彩を欠いていましたね。
手を痛めたいたのかと、思うほど手数が少なかったですし。
サンチャゴがチャンピオンなら、勝っていた試合ですね。

返信する
s

いつもお世話になっております。大変楽しく拝見させいていただいております。
ちなみに、アンカハスが2016年にIBF世界スーパーフライ級王座をかけて戦ったのは、
マックジョーアローヨですね。双子の弟の方ですね。ややこしいですね。参考までに!

返信する
わしボク

sさん、優しいご指摘ありがとうございます。
早速訂正させていただきます。
ボクシングファンは、こういうミスを見逃しませんね((笑)
井岡の試合をビデオで見ていて、気が付きました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)