井上尚弥、S・フライ級は俺に任せろ! 井岡一翔がアメリカで強烈なアピール VSマクウィリアムス・アローヨ

井岡一翔(日本)VSマクウィリアムス・アローヨ(プエルトリコ)

WBCシルバーS・フライ級タイトルマッチ(2018年9月8日)

(出典:WOWOW)

井岡は、23戦22勝13KO1敗、29歳。WBA2位。

一度引退して1年5か月のブランク、初めての海外での試合、しかも1階級上げて。これだけのハンデがあり、相手は世界のトップクラスの強豪が相手です。

多くのボクシングファンは、かなり厳しい戦いを予想し、ひょっとすると倒されるかもしれない、と思った方もいるのではないでしょうか。

アローヨは、20戦17勝14KO3敗、32歳。WBCシルバーチャンピオンです。

WBCでは3位、WBOでも3位にランクされるパワフルなファイターです。井岡の復帰初戦としては、かなり荷が重い相手ですね。

ブランクを感じさせない動き

1R)

身長は165㎝の井岡の方が若干高いようですが、体つきはやはり線が細く、肉付きに少しゆとりがあり、引き締まった感じがしませんね。

しかし、動きは全盛期と全く遜色なく、左ジャブ、左ボディブローが堅いガードのアローヨにヒットします。

アローヨのパンチはモーションが大きく、井岡は楽に見切っていますね。ただ、パンチはパワフルで、特にアッパーは威力がありそうです。

2R)

アローヨが前に出てプレッシャーをかけますが、先に井岡の左ジャブがヒットします。

アローヨは後手後手に回っている感じで、後半はむしろ井岡の方が前に出てアローヨを後退させます。

3R)

アローヨがさらに強めに出てきました。ちょっと井岡が押されています。

アローヨの手数も増えてきました。

しかし、井岡もアローヨのプレッシャーに押し負けていません。

この回は、アローヨのポイントかな、と思った瞬間、井岡の電光石火のワンツーがヒットし、アローヨがダウンしました。

(左ジャブから右ストレート。この右ストレートが速かったですね)

(反対側から)

(上から俯瞰すると)

いや~見事なワンツーでしたね。

アローヨがカウント8で立ってきたところで、ラウンド終了のゴングが鳴りました。

4R)

アローヨがガードを固めて、出てきます。どうやらダウンのダメージはなさそうですね。

しかし、井岡はディフェンスも完璧です。ボディワークと軽いステップで、アローヨのパンチをことごとく外します。

今日は左ジャブが素晴らしいですね。解説の飯田覚士さんがべた褒めしています。

ラウンドの前半はアローヨが前に出てプレッシャーをかけますが、後半は井岡が見事なコンビネーションで、アローヨを圧倒します。

特に井岡の左ボディブローは後半効いてくると思います。

5R)

井岡が左ボディブローから、結構強引に攻めこみます。

手数では、アローヨを圧倒していますね。

アローヨが下がります。ただ、パンチは重そうです。

ゴングと同時に放ったアローヨのパンチが、井岡の顔面をとらえました。(このパンチで井岡の左目が腫れてきます)

6R)

ここまで井岡はかなり手数も多く、オーバーペースで来ている感じは否めません。

やはり、体幹の強さはアローヨの方がありますので、井岡はかなり力を込めてパンチを放っている感じですし、押し負けないようにするため、相当スタミナを使っていると思われます。

この回も、前半はアローヨが前に出ますが、後半は井岡がプレッシャーをかけ、アローヨを下がらせています。

7R)

井岡の表情に余裕がなくなってきましたね。少し息があがっている感じです。

アローヨは前半、手数が少なかった分、スタミナに余裕があるようです。

アローヨが強引に打ってきます。井岡も負けじと応戦し、一歩も引きません。

ただ、この回あたりから少しずつパンチを被弾するシーンが見られるようになってきました。

8R)

ポイントで負けてると判断したアローヨが勝負に出ます。

井岡は左ジャブで距離をとり、打ち合いを避け、スタミナの温存を図っている感じです。

接近すると、アローヨが恐いアッパーを突き上げてきます。

前半に比べると、井岡がややパンチをもらうシーンが増えてきました。

ただ、ヘッドスリップパンチを殺し、まともにはもらっていません。

9R)

アローヨの手数が増えてきました。かなり強いパンチを打ちこんできます。

しかし、後半は井岡が押し返します。

そして、井岡の左フックがカウンター気味にヒットし、アローヨが大きく体勢を崩しました。

(フライ級の時なら、このパンチでダウンを奪っていたでしょう)

このパンチでダウンを奪えないのが、体幹の差かもしれません。

10R)

井岡の左目がかなり腫れてきましたね。

アローヨは逆転KOを狙って、ガンガン打ってきます。

井岡も左右のボディブローで応戦します。

アローヨの左フックがヒットしました。

しかし、井岡は最後まで手を休めず、そして、押し負けることなくパンチを放ちます。

 

判定は文句なく井岡の勝利です。3-0(99-90、97-92,97-92)。

最後まで倒しに行った井岡のファイトに脱簿です。すごいスタミナですね。タフなアローヨでなければ、KOできたと思います。

S・フライ級は井岡に任せて大丈夫でしょう。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)