日本王者VS東洋太平洋王者 大激戦を制したのは…  末吉大VS三代大訓

末吉大(帝拳)VS三代大訓(ワタナベ)

OPBF東洋太平洋・日本Sフェザー級タイトルマッチ(2018年10月6日)

(出典:日テレG+)

末吉は、19戦18勝11KO1敗、27歳。WBO7位。

唯一の1敗は、WBO世界S・フェザー級王者の伊藤雅雪に喫したものです。

日本タイトルは、これが2度目の防衛戦です。

三代は、6戦全勝2KO、23歳。OPBFタイトルの初防衛戦です。

OPBFに挑戦したしたときは、2-1の判定で、かなり苦戦したようですが、ここまで全勝。アマチュアの戦績を見ると(41勝4KO16敗)パンチ力はなさそうな気がします。プロでの2KOもタイ人の観光ボクサー相手ですから、参考になりません。

ただ、末吉も日本タイトルを獲得したあたりから、今一つ精彩を欠いているような気がします。

「わしボク」の予想は、「三代の判定勝ち」です。

初回から飛ばす末吉

前に出てプレッシャーをかけるのは三代ですが、先に左ジャブを当てるのは末吉です。

ジャブの差し合いでは、末吉が優っていますね。どうやら距離は末吉の方が若干遠いようです。

ただ、末吉の右はいただけないですね。完全に力みすぎで、三代にヒットしてもパンチにキレが感じられません。

4ラウンドまでの採点は3-0(39-73,39-37,40-36)で末吉が優勢です。

距離を詰める三代

腰を落として、プレッシャーをかけ、三代が徐々に距離を詰めてきます。

ただ、自分の距離になってからの手数が少なく、先に手を出すのは末吉です。

末吉は、かなり前半から飛ばしてますが、これで12ラウンド持つのでしょうか。

それと、いつも言っているのですが、末吉はパンチをスエーバックで避けるので、どうも見映えが悪いですね。

安定感のある構えの三代が、何となく押しているように見えます。

8ラウンドまでの採点は2-0(76-76、77-75、78-74)でまだ末吉が優勢です。

手数の少ない三代、バランスの悪い末吉

三代のプレッシャーがさらに強くなってきましたが、どうにも手数が少ないですね。

中盤から、左ジャブが減ってきた末吉は、三代のプレッシャーにかなり押されています。

しかし、手数ではやや末吉は多いように見えます。ただ、末吉はバランスが悪いですね。

お互い、ダメージブローをヒットできず、ペースの奪い合いが最後まで続きました。

 

末吉が勝ったかな、と思いましたが、結果はなんとドロー。

1-1(115-113、113-115,114-114)。

前に出て戦った三代の攻勢が評価されたのでしょうね。

この二人のボクシングでは、伊藤雅雪には勝てないと思います。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)