ボクシング観戦記(日本人編)

速報)カネロ・アルバレスがS・ミドル級に挑戦 VSロッキー・フィールディング カネロが4度ダウンを奪って3RTKO勝ちで3階級制覇

ロッキー・フィールディング(イギリス)VSサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)

WBA世界S・ミドル級タイトルマッチ(2018年12月15日)

カネロは、54戦51勝31KO1敗2分け、28歳。

ゴロフキンとの激戦を制し、今度はS・ミドル級に挑戦します。どうやらミドル級のタイトルは保持したままで、勝ってもミドル級に戻るようです。何を考えているのか訳が分かりません。

フィールディングは、28戦27勝15KO1敗、31歳。

タイロン・ツォイゲ(ドイツ)から奪ったタイトルの初防衛戦です。

唯一の1敗は、2015年にカラム・スミスに1RTKO負けを喫したものです。

身長差が10㎝ありますが、(カネロ 175㎝、フィールディング 185㎝)特に問題はないでしょう。

カネロのマッチメイクは相変わらず手堅いですね。フィールディングは、S・ミドル級のチャンピオンの中では、一番危険度の低い相手です。ただ、凡戦の危険性はありますね。

試合経過)

午前8時から放送していますが、アンダーカードが多くて、カネロが登場するのが一体何時ごろになるのか、全く分かりません。

テビン・ファーマーの退屈な防衛戦がやっと終わりました。

いよいよ、試合が始まるようです。

1R)

リング上で対峙すると、予想以上に身長差がありますね。

しかし、カネロは簡単に距離を詰めます。左ボディが効果的です。

そして、ラウンド中盤、この左ボディブローが、フィールディングのわき腹をえぐり、フィールディングが膝をつきました。早くもダウンです。

立ってきたフィールディング、この回は何とかしのぎます。

2R)

もうフィールディングの左ジャブでは、カネロの前進を止めることが出来ません。ラウンド終盤、またもカネロの左ボディブローで、フィールディングが膝をつきます。2度目のダウンです。しかし、ここはゴングに救われます。

3R)

カネロが前に出て、上下にパンチを畳かけます。もう一方的な展開になってきました。そして、残り40秒。今度はカネロの右ストレートがフィールディングの顎をとらえ、3度目のダウンを喫します。

何とか立ってきたフィールディングですが、もう反撃の力は残っていません。

カネロがとどめの左ボディブローをヒットすると、力なくフィールディングがダウン。ここで、レフリーが試合をストップしました。

序盤から、カネロがフィールディングの力を見切っていた感じがします。最初の、えぐるようなカネロの左ボディブローがすべてでしたね。あれで、フィールディングの腰が引けて少し前かがみになり、距離の差がなくなってしまいました。

力の差が歴然としていました。

No tags for this post.

POSTED COMMENT

  1. 団長 より:

    カネロがどうこういう前に、王者の弱さが際立った試合でしたね。こんなんではロッキーの名が泣きます。身長リーチがありながら左のリードはスピードもパワーもなく、カネロにあっという間に距離を詰められました。時々ガチャガチャっと返す左右の連打でポイントを稼ぐ典型的なブリトン・ボクサーだったんでしょうか。よくもまあチャンピオンになれたなというのが、この試合の感想でした。

    • わしボク より:

      団長さん、ホントにひどかったですね。
      あれなら、村田でも勝てますよ。
      やっぱりS・ミドル級はレベルが低いような気がします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)