速報)井上尚弥VSファン・カルロス・パヤノ WBSSバンタム級一回戦 1ラウンド、右ストレート一発で衝撃的なKO勝ち!

井上尚弥(大橋)VSファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)

WBA世界バンタム級タイトルマッチ・WBSSトーナメント一回戦(2018年10月7日)

(出典:フジテレビ)

井上は、16戦全勝14KO、25歳。

パヤノは、21戦20勝9KO1敗、34歳。

さあ、いよいよ始まりましたね。WBSSバンタム級の優勝候補ナンバー1、井上の初戦です。

今さら繰り返すことでもないでが、パンチ力、スピード、テクニックのすべてにおいて、井上が上回っています。

しかも、井上はバンタム級での戦いがまだ2戦目ですが、フィジカル面でもひけをとりません。

勝負の行方は、井上の仕上がり具合だけにかかっています。もちろん、万全であれば、早い回でのKOも十分考えられますね。

まあ、油断は禁物ですけど。ついでに細かい話ですが、試合前の検診で、井上の脈拍がアスリートしては少し速いのと、やや血圧が高い気がします。これは前の試合でも気になったことです。

試合経過)

拳四朗が7RTKO勝ちで、予定より早く終わったので、少しインターバルがあり、ようやくリング入場となるようです。

さすがのモンスターも緊張を隠せないようですね。

今までの世界戦とはスケールが違います。それにしても引っ張りますね。

何だかセレモニーも長そうな気がします。

(横浜カリーナ:後楽園ホールとかなり雰囲気が違いますね)

1R)

慎重な立ち上がり。

え~いきなりのワンツーがヒット!すごすぎる!

(左ジャブから電光石火の右ストレート)

パヤノがダウンしました!!!レフリーがカウントアウトしました。

あっという間に、井上のKO勝ちです。

(この左ジャブで、右ストレートが見えなかったようです)

(上から俯瞰すると、井上が右ストレートを放った時に、大きく踏み込んでいるのがわかります)

まだ、立ち上がれませんよ。もう、強すぎます。

もう、レベルが違いすぎます。

わずか1発で、相手を沈めました。言葉にできなぐらい衝撃的なKO勝ちでしたね。

 

2回戦はおそらく、井上の一番の強敵と言われる、エマニエル・ロドリゲスでしょうね。

2回戦の相手は

エマニエル・ロドリゲスVSジェイソン・マロニー(2018年10月20日)

No tags for this post.

2 Comments

KO直後に凄すぎて笑ってしましましたが、4か月以上待ってこの結果。
また1RKOで前回の半分の時間。
ロドリゲス相手に3連続1RKOも期待しますが、もう少し長い試合を見たいです。

返信する
わしボク

jさん、コメントありがとうございます。
セレモニーが長すぎましたね。
それにしても、井上の破壊力は圧巻でした。バンタム級に上げてさらに強くなった気がします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)