速報)拳四朗VSミラン・メリンド WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ 7RTKOで防衛に成功!

拳四朗(BMB)VSミラン・メリンド(フィリピン)

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ(2018年10月7日)

(出典:フジテレビ)

拳四朗は、13戦全勝7KO、26歳。

すでに4度目の防衛戦となりますね。

メリンドは、40戦37歳13KO3敗、30歳。WBC6位。

2017年5月に来日し、八重樫東に1ラウンドTKO勝ちして、IBFのタイトルを奪いましたが、年末の田口良一との統一戦では、完敗しています。

ちなみに、田口が負けたベッキー・ブトラーには判定勝ちしています。

拳四朗にとっては、過去最強の相手と言えるでしょう。

KOは無理としても、明確な判定勝ちで決着をつけてほしいですね。

試合経過)

メリンドは、前日計量で500gオーバーし、再軽量でパスしいています。このあたりが試合にどう影響するのでしょうか。

1R)

拳四朗の方がかなり大きく見えますね。

前に出るのは拳四朗。しかし、メリンドのパンチを警戒している感じです。

拳四朗の左ジャブが試合をコントロールしています。

2R)

メリンドのいきなりの右は怖いですね~。

距離は拳四朗ですが、いつもよりかなり慎重です。

3R)

拳四朗はかなり距離をとっています。

しかし、拳四朗の出入りがステップは速いですね。

メリンドは、田口戦より積極的です。

4R)

拳四朗の左ジャブと、出入りのステップはいいですね。

ただ、いつもより慎重。ちょっと手数が少ない感じがします。

(途中採点)

2ポイントリードしています。

5R)

メリンドが少しプレス強めます。

拳は左ジャブで距離をキープしています。右も少しずつヒットしてきました。

メリンドの口が開いていますね。

拳四朗はメリンドのパンチを見切っている感じです。

6R)

メリンドが出てくるか。

拳は左ジャブで距離をキープ。そしてワンツーを打ち込み連打をあびせます。

メリンドの動きは完全に見切った感じですね。

ワンツーがまたヒットしました。メリンドは目をカットしたようです。

(この右ストレートでメリンドの左をカットしたようです)

拳四朗のパンチがボディへ。

この回は、拳四朗がかなり攻勢に転じました。

7R)

拳は左ジャブからすぐに右が打てる構えがいいですね。

拳四朗が完全にペースを握る展開になってきました。

右のボディがヒット。拳四朗の右がかなりヒットするようになってきました。

拳四朗が少し強く右を打ち込みます。

 

おっとここで、レフリーがメリンドの傷をドクターにチェックさせます。

レフリーが試合をストップしました。

(ドクターがレッドカードを提示し、レフリーが試合をストップしました)

拳四朗がTKOで、防衛に成功しましたl

次はやっぱり田口でしょうね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)