今日の中谷潤人はスピードとキレがない、最後は力づくで勝負 VS小坂駿

中谷潤人(M,T)VS小坂駿(真正)

日本フライ級挑戦者決定戦(2018年10月6日)

(出典:日テレG+)

中谷は、16戦全勝12KO、20歳の長身サウスポー。日本フライ級1位。

2016年度の全日本フライ級新人王です。WBO13位、IBFでも14位にランクしています。

小坂は19戦15勝4kO4敗。23歳。日本フライ級2位。

2014年度の西日本フライ級新人王です。

今年5月に、OPBF東洋太平洋フライ級タイトルに挑戦し、ジェイアール・ラクィネルに7RKO負け。

今日が、再起戦となります。

距離は中谷、スピードは小坂

サウスポーの中谷が右ジャブを突いて、長い距離で戦いますが、動きの速い小坂は、なかなかクリーンヒットを許しません。

しかし、小坂も長い距離をつぶせず、中谷の攻勢をかわすので精一杯です。

中谷はジャブを突いて右ボディストレートを放ちますが、小坂のディフェンスに阻まれ、思う様にパンチを当てるが出来ていません。

中谷が距離を詰めて強引な攻め

試合は完全に中谷のペースですが、今日の中谷は、パンチにスピードとキレがないような気がしますね。

5ラウンドあたりから、中谷の方から距離を詰め、強引にパンチを放っていきます。

小坂も時折カウンターをヒットさせますが、手数が少なく、完全に中谷に押されています。

中谷はさらに距離を詰め、接近戦で強引に連打を浴びせます。手数では完全に中谷が上回っています。

そして、7ラウンド。

中谷が接近戦で連打を放ち、右ボディブローから左ストレートで小坂からダウンを奪います。

(右のボディブローが効いている感じです)

ややバランスを崩してダウンしたような感じでしたから、それほどダメージはなさそうです。

カウント8で立ってきた小坂に、中谷が襲い掛かりますが、今一つ的確なパンチをヒットできず、ラウンド終盤はやや打ち疲れ。仕留めることが出来ませんでした。

最終ラウンドも、両者頭をつけて打ち合います。中谷が完全に押していますが、小坂も最後まで粘ります。

 

判定は3-0(79-72、80-71、80-71)の大差で中谷の勝利。

中谷は、日本王者の黒田雅之への挑戦権を獲得しました。しかし、この日の出来では、黒田の老獪なボクシングにかなり苦戦しそうな気がします。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)