速報)もう一度世界へ 尾川堅一の再起戦 VSロルダン・アルデア 何とか無難に判定勝ち

尾川堅一(帝拳)VSロルダン・アルデア(フィリピン)

(出典:日テレG+)

132ポンド契約10回戦(2019年2月2日) 日テレG+で午後5時45分から生中継

尾川は、24戦22勝17KO1敗1NC、31歳。

2017年12月9日に、テビン・ファーマー(現IBF世界S・フェザー級チャンピオン)と対戦し、2-1の判定勝ちでIBFタイトルを獲得しましたが、ドーピング検査で陽性反応が出て、試合は無効、JBCから1年間のライセンス停止処分を受けました。

アルデアは、19戦12勝6KO6敗1分け、24歳のサウスポー。フィリピンライト級王者。

昨年4月に来日し、小田翔夢と対戦。6回判定負けを喫しています。

この試合は、132ポンドのキャッチウエイトで行われます。S・フェザー級のリミットが130ポンドですから、約1キロ重いことになりますが、1年以上ブランクのある尾川にとっては、これは問題ないでしょう。

試合経過)

1R)

尾川の動きは悪くありませんね。右ストレートがヒット。アルデアが徐々にプレッシャーをかけます。バネのある体つきをしています。

2R)

尾川の右がボディにヒット。一方のアルデアも、手数は少ないですがスピードがありますね。前に出るのはアルデアです。ディフェンスも堅いです。

3R)

なかなか思い切った攻撃が出来ません、尾川!尾川の右が2発続けてヒットしましたが、アルデアはそれほど効いた感じはありません。お互い、手数が少ないですね。

4R)

尾川のボディ攻撃は効果的です。中盤、左右のパンチで、ようやく尾川らしい攻撃が見られしたが、そのあとが続きません。

5R)

尾川の動きにリズムが出てきましたね。尾川が前に出て攻勢をかけます。しかし、パワーではアルデアの方がありそうです。

6R)

尾川はボディ攻撃でアルデアにプレッシャーをかけます。しかし、アルデアはまだまだ余裕がありますね。尾川は、右ストレートをヒットしてからの畳みかけがありません。

7R)

ここまでは、ほとんど尾川らしさがありませんね。尾川の右がヒットしますが、そこからの追撃がありません。かなり強烈な左がヒットし、アルデアが顔をのけぞらしました。ラウンド終盤も連打を畳みかけます。

8R)

ようやく、尾川がペースを握った感じですね。ただ、少し右を狙いすぎて、また手数が減っています。もう少し左の返しを使えば効果的なんでけど。

9R)

尾川のフックに対しては、アルデアはうまくボディワークでかわしますね。尾川は右を狙いすぎです。少し尾川はスタミナが切れてきた感じがします。

10R)

復帰戦は、とりあえず無難に勝つことでしょうが、ファンとしては、思い切った攻撃が見たいですね。左フックが当たります。この左のボディブローを、もっと早く出してほしかったと思います。右ストレートがヒット!しかし、アルデアはタフですね。

判定は、3-0(97-93、98-92、98-92)で文句なく尾川の勝利。尾川らしさはほとんどなかったですが、プレッシャーの中で、とにかく復帰戦をクリアしたことは何よりです。今後に期待しましょう。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)