セルゲイ・コバレフが逆転の一発に沈み、トップ戦線から脱落 VSエレイデル・アルバレス

セルゲイ・コバレフ(ロシア)VSエレイデル・アルバレス(コロンビア)

WBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ(2018年8月4日)

(出典:WOWOW)

コバレフは、35戦32勝28KO2敗1分け、35歳。

アンドレ・ウォードに2連敗したものの、再びタイトルを奪取し、これが2度目の防衛戦です。

エレイデル・アルバレスは、23戦全勝11KO、34歳。WBO8位ですが、WBC王者のアドニス・スティーブンソンへの挑戦権を2度獲得しながら、ずっと待たされた続けた実力者です。

コバレフは、この防衛に成功すれば、アンダーカードに登場したドミトリー・ビボルとの統一戦というプランもあるようです。

前半はコバレフのうまさが光る

コバレフは、リラックスした構えで左ジャブを突いて、プレッシャーをかけます。

やや硬さの見えるアルバレスは、下がりながら右カウンターを狙っているようです。

3ラウンドあたりから、コバレフのプレッシャーが強くなり、アルバレスはやや押され気味になってきます。

そして4ラウンドは、コバレフの右打ち下ろしがヒットし、アルバレスの動きにダメージが感じられます。

コバレフはチャンスと見て、ワンツーを畳みかけますが、アルバレス結構打たれ強いですね。

ここまでは、ほぼコバレフのペースで試合が進み、やはり世界戦のキャリアの差が歴然としている感じです。

コバレフが中盤からやや失速?

4ラウンドにかなりスタミナを使った感じのコバレフは、5ラウンドからやや動きにキレがなくなったような気がしますね。

それでも、前に出てプレッシャーをかけ、ペースを渡すことありません。

ただ、アルバレスも4ラウンドのダメージはほとんど見られません。なかなかタフですよ。

6ラウンドもコバレフの右がヒットして、アルバレスが体勢を崩しますが、そこからのコバレフの畳みかけがなく、少し息があがっているように見えます。

まさかの一発

ややパンチにスピードがなくパワーダウンした感じのコバレフですが、まさかの結末が待っているとは思いもよりませんでしたね。

7ラウンド、残り1分強のところで、恐らくずっと狙っていたアルバレスの右ストレートがコバレフの顎をとらえ、コバレフが尻もちをついてダウン!

一瞬、何が起こったのかわかりませんでしたね。

(狙いすましたアルバレスの右ストレート)

(尻もちをついたコバレフの表情には、明らかにダメージが感じられます)

立ってきたコバレフの顔に疲労感がにじみ出ていて、かなりダメージがあるような感じです。

アルバレスも、ここは一気に畳みかけることはせず、じっくり攻めます。

KO率が意外に低いのは、このあたりの用心深さが原因かもしれませんね。

しかし、アルバレスがじわじわとコバレフを追いつめ、右フックから返しの左フックで再びダウンを奪います。

(この左右の連打でほぼ決まった感じです)

何とか立ってきたコバレフですが、もう反撃の力は残っていません。ここで止めても良かったと思いますが、レフリーは試合を続行させます。

アルバレスが一気に連打を畳みかけ、押しつぶされるようにコバレフがダウンしたところで、レフリーが試合をストップ。7RTKO勝ちでアルバレスがタイトルを獲得しました。

(もうコバレフに、反撃の力は残っていません)

ウォード戦のようなローブローではなく、まともにパンチをもらって完全に倒されたコバレフは、今度こそ世界戦線からの脱落を印象付けましたね。

待たされたアルバレスは、ようやく世界タイトルを獲得しましたが、このライトヘビー級はレベルが高いですよ。

まず、IBFのアルツール・ベテルビエフ(ロシア)。12戦全勝オールノックアウトの強打者です。

この日のアンダーカードで、手堅いボクシングを見せたドミトリー・ビボルもロシア人です。

長期政権を築いているWBC王者のアドニス・スティーブンソン。すでに9度の防衛を果たしています。

WBC暫定王者に、オレクサンダー・クボジーク(ウクライナ)がいます。

スティーブンソンを除くと、すべて無敗のチャンピオンばかりです。

あえて順位をつけるとしたら

1位 ドミトリー・ビボル

2位 アルツール・ベテルビエフ

3位 オレクサンダー・クボジーク

4位 エレイデル・アルバレス

5位 アドニス・スティーブンソン

となりますね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)