オースチン・トラウトのボディワークのうまさに、ジャーメル・チャーロのパワーが空回り

ジャーメル・チャーロ(アメリカ)VSオースチン・トラウト(アメリカ)

WBC世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2018年6月9日)

(出典:WOWOW)

チャーロは、30戦全勝15KO,28歳。チャーロ兄弟の双子の弟。

倒し屋の兄に対して、テクニカルな弟という対比でしたが、最近は4連続KO勝ちと、ジャーメルも倒し屋に進化してきています。

衝撃の1R一発KO!倒し屋に進化?チャーロ弟 ジャーメル・チャーロVSエリクソン・ルビン

トラウトは、35戦31勝17KO4敗、32歳のサウスポー。WBC7位、元WBA世界S・ウェルター級王者。

なかなかクリーンヒットを当てさせないボディワークの上手さに、兄のジャーマルも大苦戦しています。

ジャーマル兄はサウスポー相手に強打が空転 ジャーマル・チャーロVSオースティン・トラウト

ジャーメルの進化の真価?が問われる一戦となりそうです。(すいません、くだらないダジャレで。ちょっとジー小泉さんの真似をしてみました)

さすがのジャーメルもなかなか捕まえられない

サウスポーを苦にしないというジャーメルですが、半身に構えるトラウトは、そう簡単なサウスポーではありません。

プレッシャーをかけてトラウトを追いかけるジャーメルですが、パワーが空転し、パンチも空転。バックステップが速く、ボディワークが巧みで、クリーンヒットを許してくれません。

右ジャブもジャーマルにはかなり邪魔なようですね。

3ラウンドに、強引に攻めこみ、ロープ際で右フックがヒットし、下がるトラウトの両足が揃った感じで、スリップ気味にダウンしました。

(当たったのは最初の右フックだけで、後はジャーメルのパワーで押し倒された感じです)

ほぼスリップダウンですので、立ってきたトラウトにダメージは感じられません。

プレッシャーを強めるチャーロ

4ランドは、チャーロがややプレッシャーを強め、距離が詰まります。

しかし、そこからなかなかクリーンヒットを当てることが出来ません。

逆にトラウトの軽い左カウンターをもらってしまいます。

チャーロはプレッシャーをかけて前に出るものの、お互い手数が少なく、5ラウンドには観衆からブーイングが聞こえてきます。

明らかに攻めあぐねるチャーロに対して、トラウトはマイペースのボクシングを展開します。

このあたりで、チャーロはポイントを失ったかもしれません。

少しだけチャーロらしさ

8ラウンドにようやくチャーロらしい強引な攻勢が見られ、やっとトラウトにパンチがヒットします。

そして、9ラウンドに劣勢を挽回しよと、先に仕掛けてきたトラウトの左ストレートをかわし、チャーロの右フックをトラウトのテンプルをとらえます。

ダウンしたトラウトは、「後頭部の打撃」をアピールしますが、受け入れられません。

(トラウトの左をかわし、チャーロの右フックがテンプルにヒット)

(辛うじて、側頭部をとらえています)

ややダメージのあるトラウトに、チャーロが追い打ちをかけますが、トラウトはしぶとく逃げ切ります。

10ラウンド、勝負に出たトラウトがチャーロをロープに詰めますが、ここでもチャーロの左フックがカウンターでヒットし、ロープに頭を突っ込んだトラウトにさらに右ストレート叩き込みます。

(トラウトが出てきたところへ、チャーロの左フック、そして右ストレート)

この日のチャーロのパンチでは、これが一番効いたように思います。

さすがのトラウトも動きが悪くなり、チャーロのパンチをまともに何発かもらいます。

慎重なジャーメルに戻る

10ラウンドはジャーメルにとっては、一番のKOチャンスでしたが、以前の慎重なジャーメルが顔を出し、仕留めることが出来ません。

終盤の2ラウンドは、ジャーメルも明らかに流している感じで、時折ワンツーを放ちますが、無理をしません。

ジャッジもトラウトにポイントを与えています。

判定はなんと2-0(113-113、115-111,118-108)でチャーロの勝ちでした。

ちなみに私の採点は、116-110でした。文句なしにチャーロの勝ちでしょう。

それにしても、引き分けにしたジャッジと、10ポイント差をつけたジャッジの採点の違いは何なんでしょうね。

各ラウンド、無理やり差をつける採点方法が、こんな結果を生んだのだと思います。

結局、採点基準なんか、あってないようなものですよ。

それと、極端な採点をするジャッジには、何らかのペナルティが絶対必要です。

 

ところで、ハイメ・ムンギアというニューヒーローが登場しただけに、ジャーメルはちょっと株を落としましたね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です