ジェシー・ハート、今日の出来ではラミレスの返り討ちに合うぞ! VSデモンド・ニコルソン

ジェシー・ハート(アメリカ)VSデモンド・ニコルソン(アメリカ)

NABF北米S/ミドル級王座決定戦(2018年4月28日)

(出典:WOWOW)

ハートは、24戦23勝19KO1敗、28歳。WBO1位、WBC3位。

昨年9月に、WBOのヒルベルト・ラミレスに挑戦し、大激戦の末、惜しくも判定で敗れています。

ラミレスVSハート ↓

全勝対決はダウンを奪ったヒルベルト・ラミレスが逃げ切る VSジェシー・ハート

ニコルソンは21戦18勝17KO2敗1分け、25歳。

パンチ力だけなら、ハートより上かもしれません。

初回、油断したハートにピンチが

解説の浜田さんが言うように、「ハートは、もう少しなめらかなボクシングが出来れば」もっと強打を生かせるような気がします。

上背で10㎝ほど高いハートは、右の打ち下ろしをヒットさせ、早くもその強打ぶりを発揮します。

ニコルソンが頭を下げれば、右アッパーが待っています。

早くもハートがペースを握ったように見えましたが、ゴング間際に、ニコルソンの右ストレートがハートの顎を打ち抜き、ハートがロープまで飛ばされます。

同時にゴングが鳴って、ハートは命拾い。かなりダメージがあったようですから、あと10~20秒あれば倒されてかもしれません。

(ニコルソンの右ストレートが、きれいにハートの顎を打ち抜いています)

2ラウンドは、多少ダメージの残るハートが、左ジャブで距離を取り、回復を図ります。

ニコルソンもチャンスなんですが、初回のハートの打ち下ろしの右のダメージがあるのか、思い切った攻めに出られません。

ハートのパンチの風圧でダウン

3ラウンドに入ると、ほぼダメージが抜けたハートは、また右の打ち下ろしとアッパーでニコルソンを攻め立てます。

そして、ハートが大振りの右フックを放ったとき、その風圧?でタイミングよくニコルソンがダウンします。

明らかにスリップダウンですが、レフリーはダウンを取ります。

(全く当たっていませんが、のけぞった時にバランスを崩してニコルソンがダウン)

レフリーは間近で見ていたはずですが、ニコルソンの抗議もむなしく、カウント8で、試合再開。

この回の2度目のダウンもスリップ気味でした。

まず、ハートの右の打ち下ろしがヒットし、さらにハートがパンチを放つと、ニコルソンは腰を落としてこのパンチを避けます。

そのまま、ハートに押しつぶされるようにして、ニコルソンがダウンします。

(押し倒すようにしてダウンを奪います)

まあ、前の右が効いていたのは明らかですが、私には押し倒しにしか見えませんでしたね。

ハートが中盤からお疲れ

4ラウンドあたりから、ハートの手数が減ってきます。

3ラウンドの攻撃でスタミナを使ったのでしょうか、距離をキープして、ニコルソンが入って来たら、クリンチで回避する場面が増えてきます。

あれだけ大振りのパンチを、思い切り振り回してたら、さすがに疲れるでしょう。

ただ、ニコルソンも動きがあまりよくなく、上背のあるハートの圧力にスタミナを消耗している感じです。

今度はダウンがスリップの裁定

7ラウンド終盤に、ハートの右打ち下ろしで、ニコルソンがしゃがみ込み、そのまま両手をマットに着けます。

浜田さんが言うように、これはニコルソンがダウンの意思表示をしたのでしょう。8カウントでダメージを回復を図ろうとしたのに、レフリーは、今度はスリップダウンと裁定し、そのまま試合続行。

休みつもりのニコルソンはいきなりハートの連打にさらされ、あえなくダウン。

レフリーがカウントを取りますが、その間、ニコルソンは何やら抗議をし、レフリーのカウント8に対して、試合続行の意思表示をせず、試合がストップされました。

(カウント中にレフリーに抗議するニコルソン)

ハートのTKO勝ちです。

何だか、後味の悪い結末でしたね。

今日のハートは、ボクシングが雑でした。足の運びもなんだかギクシャクした感じで、何度も言うようですが「滑らかさに欠けていました」。

ラミレス戦ではあと一歩で逆転KOか、という大激戦を演じましたが、今日はその評価を大きく下げましたね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です