ゲイリー・ラッセルが5RTKOで4度目の防衛に成功 VSキコ・マルチネス

ゲイリー・ラッセル(アメリカ)VSキコ・マルチネス(スペイン)

(出典:WOWOW)

WBC世界フェザー級タイトルマッチ(2019年5月18日)

ラッセルは、30戦29勝17KO1敗、30歳のサウスポー。

2014年にワシル・ロマチェンコに判定負けしましたが、その後、ジョニー・ゴンザレスにTKO勝ちしてWBCのタイトルを獲得。3度の防衛に成功しています。

マルチネスは、49戦39勝28KO8敗2分け、33歳。WBC3位。

日本で長谷川穂積さんに勝ったのが2014年です。まだ、現役を続けていたんですね。その後も14戦して、8勝4KO4敗2分けと、精力的に頑張っています。しかし、さすがに長谷川さんを倒した頃の力はもうないですね。

前に出るしかないマルチネス

マルチネスのお腹のあたりは、かなり緩い感じがしますね。マルチネスは相変わらず多少打たれても、前に出ます。ラッセルは、相手をよく見て、右ジャブを突いてマルチネスの前進を止めます。

2ラウンドぐらいから、ラッセルも積極的に早い回転でパンチを放ちます。そして、マルチネスの入り際に左のカウンターを合わせます。ちょっと力の差が出てきましたね。マルチネスの間合いは完全にい読まれています。しかし、マルチネスとしては、とにかく距離を詰めて戦うしかありません。相討ちなら、パンチ力はマルチネスの方が上かもしれません。

4ラウンドにマルチネスが勝負に出た感じで、やや強めに前に出ますが、逆にラッセルのパンチをもらっています。ラッセルも強めにパンチを打つようになってきました。

5ラウンド、マルチネスはさらに強めに出てきました。ラッセルは足を使って、これを捌きます。そして、かなりラッセルのパンチを被弾したマルチネスが、左目をカットしました。ラウンド終了間際、レフリーがドクターチェックを要請し、ドクターの進言を受け入れ、試合をストップしました。

フェザー級の勢力図

ラッセルにとっては、楽な防衛戦でしたね。さすがにマルチネスも限界でしょう。さて、ラッセルもここらでビッグファイトを、と言いたいところですが、あまり魅力的なカードがないんですよね。

他の団体のチャンピオン

WBAスーパー レオ・サンタクルス(メキシコ)     

WBA      シュー・ツァン(中国)        

IBF       ジョシュ・ウォーリントン (イギリス) 

WBO      オスカル・バルデス(メキシコ)     

その他の有力選手 シャクール・スティーブンソン(アメリカ)、清水聡(大橋)

この中から強いてあげれば、バルデスとスティーブンソンですね。パンチ力では、バルデスがダントツですから、ラッセルにとっては、危険な相手だと思います。スティーブンソンもそろそろ世界を狙ってもいいでしょう。4団体すべてのランキングで上位に名を連ねています。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)