ボクシング観戦記(海外編)

速報)アンドリュー・カンシオが3RKOで返り討ち VSアルベルト・マチャド (DAZNで生配信)

アンドリュー・カンシオ(アメリカ)VSアルベルト・マチャド(プエルトリコ)

WBA世界S・フェザー級タイトルマッチ(2019年6月22日)

カンシオは、26戦20勝15KO4敗2分け、30歳。

2月にWBA王者のマチャドに挑戦し、初回にダウンを喫しながら、4R逆転KOで番狂わせの勝利をおさめ、タイトルを獲得しています。→https://www.boxing-blog.com/entry/20190210

マチャドは、22戦21勝17KO1敗、28歳。WBA5位。

S・フェザー級では、ジャーボンテイ・デービスの最大のライバルと目されていましたが、まさかの番狂わせで伏兵カンシオに初黒星を喫しました。

どういう経緯かはわかりませんが、ダイレクトリマッチが実現しました。マチャドの敗因は明らかに調整失敗だと思いますが、果たして今度は万全の態勢でリベンジできるでしょうか。

この機会にDAZNに入会しませんか?

DAZNでは先日、スーパーボクサーのアンソニー・ジョシュア戦、超人気ボクサーのゲンナディ・ゴロフキン戦が行われるなど、いまやボクシングファンにとってのマストアイテムとなっています。

今後、ますます重要な試合がDAZNで視聴できるようになり、ボクシングファンにとっては嬉しい限りですね^^

今回のこのアンドリュー・カンシオVSアルベルト・マチャドも、DAZNでしか観ることができません。

DAZNにまだご入会されていない方は、重要な試合を見逃さないためにも、この機会に申し込んでおきましょう!

試合経過)

前日計量が行われ、両選手ともリミットの130ポンドを無事にクリアしたようです。

セミファイナルの、WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ(アンヘル・アコスタVSエルウィン・ソト)は劇的な決着でした。詳細は後ほど。

1R)

前回と同様、カンシオが上体を薄りながら前に出ます。サウスポーのマチャドは下がりながら、左のカウンターを狙ってます。カンシオは相変わらず手数が多いですね。マチャドが押され気味です。終盤、ようやくマチャドがペースを取り戻した感じです。

2R)

カンシオは自信をもって戦っている感じですね。前に出てガンガンパンチを打ちこみます。マチャドはまたもや押され気味です。結構、カンシオのパンチをもらっていますね。終盤、カンシオがマチャドを追い回し、ロープに詰めて連打を放ちます。マチャドはちょっと効いたか、足取りが怪しいですよ。

3R)

カンシオが前に出てプレッシャーをかけ、ガンガンパンチを放ちます。マチャドは下がりながら応戦しますが、パンチに力がありません。そして、カンシオが左フックをマチャドのボディの叩き込むと、あっさりマチャドがダウンしました。辛うじて立ってきましたが、レフリーが試合をストップしました。

カリフォルニア州のルールでは、レフリーが試合をストップした場合も、TKOではなくKO勝ちとなります。「わしボク」はこのルールに賛成です。

それにしても、マチャドは不甲斐なかったですね。リング上で対峙した時から、気弱な顔をしていましたから、恐らく今回も調整が上手くいかなかったのでしょう。しかし、2度目は許されませんし、もはや番狂わせでもありません。マチャドは階級を上げた方がいいかもしれません。

カンシオの強さは、次の防衛戦で勝てば本物でしょう。「わしボク」としてはそれほど強いとは思えなのですが…。

No tags for this post.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)