パッキャオの後継者がアンダーカードでTKO勝ち。でもフェザー級は世界チャンピオンがいっぱい。ジャック・テポラVSエディバルト・オルテガ

ジャック・テポラ(フィリピン)VSエディバルト・オルテガ(メキシコ)

WBA世界フェザー級暫定王座決定戦(2018年7月15日)

(出典:WOWOW)

テポラは、21戦全勝16KO、22歳のサウスポー。WBA2位。IBF10位。

パッキャオの後継者と言われていますが、フィリピンのホープのほとんどがそう呼ばれているような気がします。

オルテガは、28戦25勝12KO1敗1分け。28歳、こちらもサウスポーです。WBA3位。

メキシコの典型的な中堅ボクサーという感じですね。

 

この試合は、暫定王者のヘスス・マヌエル・ロハス(プエルトリコ)が正規王者に昇格したので、空位になった?暫定王座を決定するために行われます。

しかし、暫定王座が空位になるという意味が分かりません。WBAは相変わらず不可解なタイトルマッチを量産してますね。

フェザー級はたくさん世界チャンピオンがいますよ。

WBAスーパーチャンピオン  レオ・サンタ・クルス(メキシコ)

WBA正規チャンピオン     ヘスス・マヌエル・ロハス(プエルトリコ)

WBCチャンピオン      ゲーリー・ラッセル(アメリカ)

IBFチャンピオン       ジョシュ・ウォーリントン(イギリス)

WBOチャンピオン      オスカル・バルデス(メキシコ)

WBO暫定チャンピオン    カール・フランプトン(イギリス)

すでに6人もいるところへ、この日は7人目のチャンピオンが誕生するということになります。

これはWBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)でもやって、とりあえず一回整理した方がよさそうですね。

パンチはあるがガードの甘いテポラ

様子見のオルテガに対して、テポラが先に仕掛けます。

テポラの左ボディブローがヒットし、オルテガの腰が少し落ちかけロープに詰まります。

ひょっとしたここで一気にテポラが決めるかと思いましたが、オルテガも落ち着いてここを捌きます。

ガードの甘いテポラに軽い右フックをヒットさせ、テポラの勢いを止めます。

退屈なラウンドが続く

2ラウンドに入ると、テポラの強引なボディ攻撃が減り、下がりながらボディへのカウンターを放つようになります。

3ラウンドぐらいから、テポラのガードの甘さが目立ち、オルテガの地味なボクシングがペースをつかみます。

テポラは、手数が減り、消極的になってきて、逆にオルテガの動きにリズムが出てきました。

テポラのパンチは大振りで、ガードのしっかりしたオルテガにはなかなかヒットしません。

しかし、ボディへのパンチはまだまだ威力がありそうです。一方のオルテガのパンチは軽いので、テポラにはダメージをほとんど与えていない感じです。

テポラは右ジャブが少ないですね。いきなりの左はオルテガに読まれています。

このままですと、オルテガが地味~に判定でタイトルを獲得するかもしれません。

テポラもオルテガのパンチにスピードがないので、ガードの甘さを露呈しながらも、それほど連打をもらうことはありません。

それにしても、パッキャオの後継者は、消極的なボクシングですね。

パンチのスピードはテポラの方がありそうですが、いかんせんパンチが大振り。空を切る場面が目立ちます。

中盤は、ホントに退屈なラウンドが続いています。

しかし、顔の腫れをみると、オルテガの方がかなりひどいですね。

クリーンヒットはオルテガの方が多いような気がしますが、やはりパンチ力の差でしょうか。

狙いすました左アッパーがさく裂

9ラウンド。オルテガが連打でテポラに攻勢をかけたときに、テポラの左フックがカウンターでヒットしました。

これはちょっと効いたかもしれません。

でも、前に出るのはオルテガです。

ここで、テポラのグローブのテープがはがれタイム。

その後テポラが意を決したように、少し強めにパンチを放つようになります。

そして、接近戦の攻防で、テポラの右フックがオルテガのテンプルをとらえ、頭が下がったところへ狙いすました右アッパーを打ち抜くと、オルテガがたまらずダウン。

やはりパンチはありますね。

オルテガは何とか立ってきました。残り30秒弱。

さあ、ここからテポラが一気に攻めます。

最後は、リング中央でテポラが連打を浴びせ、レフリーが試合をストップしました。

テポラは左を痛めていたのでしょうか。それも初回に。とにかく2ラウンド以降の不甲斐ないボクシングは、パッキャオの後継者とは、とても言えないものでした。

ガードの甘さ、大振りのパンチ。この暫定チャンピオンは穴が多すぎます。

No tags for this post.

2 Comments

g1j2p5i5

Fe級予定
レオ対ラッセル交渉中  勝者はWBAスーパー&WBC王者
JMロハス(次勝てば)対テポラ   統一戦指令 勝者はWBA第2王者
IBFウォーリントン未定
WBOキングバルデス復帰即対フランプトン(次勝てば)

上手く行けば4人になりそうですね

返信する
わしボク

g1j2p5i5さん、コメントありがとうございます。
なろほど、これが順調に実現すれば少しはすっきりしますね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です