WBSSバンタム級のエントリー選手8人の組み合わせが決まりましたね!井上尚弥の相手はファン・カルロス・パヤノ

エントリー選手8名

シード選手

井上尚弥(大橋)25歳             WBA王者

ライアン・バーネット(イギリス)26歳     WBAスーパー王者

ゾラニ・テテ(南アフリカ)30歳         WBO王者

エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)25歳  IBF王者

ノーシード選手

ノニト・ドネア(フィリピン)35歳        元5階級制覇王者

ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)34歳 WBO1位 WBA4位

ジェイソン・マロニー(オーストラリア)27歳   IBF3位 WBO2位 WBA2位

ミーシャ・アロイヤン(ロシア)29歳       WBA5位 IBF9位 

最後の一人は、予想通りアロイヤンでしたね。

一回戦の組み合わせ

組み合わせ抽選会が、7月20日午後9時(日本時間21日午前3時)にモスクワで、エントリー選手が全員出席して行われたようです。

組み合わせは次の通りです。

①エマヌエル・ロドリゲスVSジェイソン・マロニー(これはIBFのタイトルマッチでもあります)

これは、前から決まっていました。

②ライアン・バーネットVSノニト・ドネア

③井上尚弥VSファン・カルロス・パヤノ

④ゾラニ・テテVSミーシャ・アロイヤン

 

優勝候補大胆予測

大本命は、井上尚弥ですね。

まあ、これはどなたも異存がないでしょう。

強引に順位付けをしますと、次のようになりました。

1位 井上尚弥

2位 エマヌエル・ロドリゲス

3位 ゾラニ・テテ

4位 ライアン・バーネット

5位 ノニト・ドネア

6位 ジェイソン・マロニー

7位 ファン・カルロス・パヤノ

8位 ミーシャ・アロイヤン

ここから、一回戦の勝者を予想すると、

①は、エマヌエル・ロドリゲス

②は、ライアン・バーネット

③は、井上尚弥

④は、ゾラニ・テテ

とまあ、早い話が、すべての試合で、シード選手が勝つということになりそうですね。

井上の初戦についての詳細は、次回のブログにて。

気になる、優勝賞金は400万ドル(約4億4000万円)となる模様です。

No tags for this post.

2 Comments

団長

わしボクさん、こんにちは。
いよいよ決まりましたね。試合が待ち遠しいです。本当は井上尚弥選手vsドネアが見たかったですが、ドネアはバーネット戦でまだバンタムでもできる事を証明してから(バーネットのガチャガチャボクシングを左ストレートで打破してから)二回戦で井上選手と対戦する事を待ちましょう。体作りができなくてヘロヘロのドネアをKOしても価値がありませんからね。

返信する
わしボク

団長さん、お久しぶりです。
ドネアがどこまでバンタム級の身体を作ってくるか、非常に楽しみですね。
でも、ドネアがバンタム級で戦ったのは、7年目ですかねえ。
バーネットを力でねじ伏せたら、めちゃくちゃ面白いのですけどl

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です