ボクシング観戦記(海外編)

速報)アルベルト・マチャドVSアンドリュー・カンシオ WBA世界S・フェザー級タイトルマッチ (DAZNで生配信)マチャドが逆転KO負けで防衛失敗

アルベルト・マチャドプエルトリコ)VSアンドリュー・カンシオ(アメリカ)

WBA世界S・フェザー級タイトルマッチ(2019年2月10日)

マチャドは、21戦全勝17KO、28歳。

内山高志さんからベルトを奪ったジェスリル・コラレスをKOし(2017年10月)、タイトルを獲得しています。今日が3度目の防衛戦となります。

カンシオは、25戦19勝14KO4敗2分け、30歳。WBA9位。

このクラスには、WBOチャンピオンの伊藤雅雪がいます。このマチャドもかなり強いと思いますが、なんといってもダントツ一番は、ジャーボンテイ・デービスでしょうね。WBCは、ミゲール・ベルチェルトがいますし、注目の成長株、ライアン・ガルシアもこの階級です。

試合経過)

1R)

前に出るのは背の低いカンシオ。サウスポーのマチャドは下がりながら右ジャブで距離をとります。そして、マチャドの右がテンプルにヒットし、カンシオが頭を下げたところへマチャドの左アッパーが顎をとらえ、カンシオはあっさりダウン。カウント9で立ってきましたが、結構ダメージがありそうです。しかし、マチャドはそれほど追い打ちをかけず、この回は終了します。

2R)

マチャドが倒しに行くのかと思いましたが、前に出るのはカンシオです。ボクシングスタイルがなんとなく比嘉大吾に似てますね。しつこく前に出て左右のフックを放ち、ダウンの影響は全く感じられません。ダウンを奪ったマチャドの方がやや押され気味です。

3R)

カンシオのしつこいボクシングで、マチャドは押されっぱなしです。そして、この回は結構パンチをもらっています。カンシオはガンガン前に出て、上下にパンチを放ちます。なんだかマチャドの動きが止まってきた感じです。ガードが甘いですね。

4R)

カンシオの右ストレートがマチャドのボディにヒットし、マチャドがダウンしました。どうやら3ラウンドあたりからボディが効いていたようですね。カウント9で立ってきましたが、苦しそうです。カンシオがボディブローを畳みかけると、あっさりマチャドはダウン。もうどこを打っても効いてしまう感じです。何とか立ってきたものの、カンシオが連打を畳みかけると、マチャドがしゃがみ込み、レフリーが試合をストップしました。

大番狂わせですね。マチャドはおそらく調整失敗でしょう。

No tags for this post.

POSTED COMMENT

  1. 団長 より:

    これはビックリの結末でしたね。1回にダウン奪ったのに勝負に行かなかったのが響きました。わしボクさんがおっしゃる通りマチャドは調整に失敗したように思います。それにしてもカンシオの右ストレートボディ、拳四朗選手がガニガン・ロペスをKOした時のようなパンチでした。GBPのスター候補選手に傷がついてしまいましたね。試合後デラホーヤは明るく振舞ってましたが、心中穏やかでは無かったと思います。

    • わしボク より:

      団長さん、「わしボク」もびっくりでしたね。
      ダウンを奪ったときには、「これは早いな」と思いましたが、まさかマチャドが倒されるとは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)