ボクシング観戦記(日本人編)

速報)レイ・バルガスVSフランクリン・マンサニージャ WBC世界S・バンタム級タイトルマッチ ダウンを奪われましたが大差判定で防衛成功

レイ・バルガス(メキシコ)VSフランクリン・マンサニージャ(ベネズエラ)

WBC世界S・バンタム級タイトルマッチ82019年2月10日)

バルガスは、32戦全勝22KO、28歳。

タイトル戦4試合はすべて判定勝ちで、やや評価を落としています。

マンサニージャは、22戦18勝17KO4敗、30歳。WBC3位。

昨年5月に、フリオ・セハを4R棄権に追い込み、挑戦権を獲得しています。

試合経過)

身長差が結構ありますね。マンサニージャは、「マンザニーヤ」とアナウンスされていますが、とりあえずここではマンサニージャで通します。

長身のバルガスが、左ジャブで距離をとりますが、マンサニージャは構わず突進してきます。そして、2ラウンドに、バルガスがボディブローを放った後、右のガードが下がったところへマンサニージャの左フックでバルガスは仰向けにダウンします。マンサニージャにまたも番狂わせのチャンスが訪れます。

結構、効いている感じでしたが、ここは何とかクリンチで逃げ切ります。その後は、バルガスが左ジャブで距離をとり、マンサニージャの突進をかわします。マンサニージャは左右を思い切り振って突っ込んできますので、4ラウンドには、バルガスが左目をカット。

その後もマンサニージャの荒っぽいボクシングに手を焼きますが、クリーンヒットで上回り、マンサニージャの2度の減点も手伝い、結局大差の判定でバルガスが4度目の防衛に成功しました。

3-0(3者とも117-108)。しかし、不用意なダウンを奪われ、評価を大きく下げたことは間違いないですね。パンチ力はマンサニージャの方がありました。バルガスのパンチは腰が引けて手打ちで、マンサニージャの突進を最後まで止めることが出来ませんでした。

No tags for this post.

POSTED COMMENT

  1. 団長 より:

    バルガス、長身でスピードがありボクシングセンスに溢れていて個人的には好きなタイプの選手ですが、今回は弱点をさらけ出しました。打ち終わりのガードが不用意でしたね。もちろん次戦では対策してくると思いますが。さて次は亀3かな。暫定チャンピオンになった時の試合は見ていないのでなんとも言えませんが、マクドネルに連敗した時のような試合運びだとバルガスに余裕で逃げられてしまうでしょう。

    • わしボク より:

      団長さんもDAZNを契約してるんですね。
      バルガスがいくら評価を落としたと言っても、亀田和毅では勝てないでしょう。
      距離の違いに戸惑い、大差で判定負け。まあ、KO負けはないと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)