ドネアに勝ったジェシー・マグダレノがダウンの応酬の末TKO負け VSアイザック・ドグボエ

ジェシー・マグダレノ(アメリカ)VSアイザック・ドグボエ(ガーナ)

WBO世界S・バンタム級タイトルマッチ(2018年4月28日)

(出典:WOWOW)

マグダレノは、25戦全勝18KO、26歳のサウスポー。

2016年11月、ノニト・ドネアに挑戦し、判定でタイトルを獲得しています。

昨年4月の初防衛戦以後、ケガなどで1年のブランクを作っています。

ドグボエは、18戦全勝12KO、23歳。

マグダレノの休養期間中、今年の1月に、セサール・ファレスにTKO勝ちして、暫定タイトルを獲得しています。

初回にダウンを奪い格の違いを見せたが

がっちりした体格のドグボエが、初回から前に出てプレッシャーをかけ、左右のフックを放ちます。

マグダレノは、左のカウンターで応戦します。

開始1分半、ドグボエがマグダレノをロープに詰めて連打し、身体が前のめりになったところへ、マグダレノの右がテンプルにヒット。そして、左アッパーをダブルで放つと、ドグボエがあっけなくダウンしました。

(まず右フックがテンプルにヒットし、返しの左アッパーがドグボエの顎をとらえます)

(さらに止めの左アッパーでドグボエがひっくり返りました)

この時点で、ほとんど観衆は「マグダレノの楽勝」と思ったでしょうね。

いつものマグダレノなら、残り1分以上もあるのですから、仕留めていたでしょう。

でも、この日のマグダレノは本調子を欠いていたと思います。

ドグボエは下がりながら、追撃を回避しました。

右が見えていない?

マグダレノはドグボエの右フックを警戒し、まだダメージの残るドグボエを追撃できません。

マグダレノは、ドグボエの右フックがまだ見切れていないようですね。

結局、この回の終盤には、回復したドグボエの連打にさらされます。

4ラウンドの中盤に、マグダレノが左フックをヒットし、ドグボエがロープに下がりましたが、ここも追撃のパンチが出ず、逃げられてしまいます。

(左フックがアッパー気味にヒットし、ドグボエがロープに下がる)

この日のマグダレノはフットワークがなく、ロープを背にする場面が多く、常にドグボエのパワーに押され気味で、何度もコーナーに詰まって連打にさらされます。

マグダレノが仰向けにダウン

5ラウンド開始してまもなく、マグダレノが右を放ち体が流れたところへ、警戒していたドグボエの右フックがマグダレの顎にジャストミート。もんどりうって倒れ、今度はマグダレノがダウンしました。

(不用意な右ジャブをかわされ、右フックをカウンターで合わされます)

カウント8で立ってきましたが、残りまだ2分以上あります。

しかし、さすがマグダレノですね。ガードを固めて、クリンチでなんとかこの回を生き延びます。

ドグボエが右のビッグパンチを狙いすぎたことも、マグダレノに幸いしました。

マグダレノがペースを取り戻す

6ラウンドのドグボエの追撃を何とかかわすと、7ラウンドあたりから、マグダレノがペースを取り戻そうと、勝負に出ます。

マグダレノのボディ攻撃で、ややプレッシャーが弱まったドグボエですが、それでもまだまだ右フックは、一発で倒す威力を持っています。

8ラウンドあたりから、ようやくマグダレノはドグボエの右が見えてきたようで、ペースをつかんだかに見えましたが、スリップダウンが目立ち、足に力が戻っていない感じです。

ここまでの採点はほぼ互角だったのではないでしょうか。

最後にまたドグボエのパワーさく裂

10ラウンド中盤から、ドグボエがプレッシャーを強め、マグダレノをロープに詰めて、連打を浴びせます。

ペースをつかんだ感があった、マグダレノがまた苦しい展開に追い込まれます。

このラウンド終了間際に、ドグボエの右フックがボディにヒットし、マグダレノが腰を落とします。

11ラウンドに、マグダレノが最後の力を振り絞って勝負に出ます。

しかし、ドグボエのパワーが一気にさく裂します。

まず、ややグロッキー気味のマグダレノの顎を、右フックが打ち抜き、さらに返しの左フックで、マグダレノはロープにもたれかかるようにダウン。もう、勝負あったという感じですね。

(この右フックでもうマグダレノは棒切れのような状態になり、さらにはダリフックがテンプルにヒット)

(上の角度から)

(力尽きた感じでしたが)

辛うじて立ってきたマグダレノですが、もう反撃の力は残っていません。

ドグボエがコーナーに詰めて、左右の連打を浴びせると、崩れるようにマグダレノがダウンしました。

レフリーは、ノーカウントで試合をストップ。ドグボエの11RTKO勝ちです。

(コーナーに詰めて左右の連打。このシーンは何回かありましたね)

(マグダレノは精根尽き果ててダウン)

マグダレノはドネアから奪ったタイトルの2度目の防衛に失敗しました。

マグダレノは本調子を欠いていたような気がします。足の動きが悪すぎました。

ドグボエのパワーと破壊力はすごいですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です