WBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)シーズン2はホントに開催されるの?て心配しているのは「わしボク」だけですか

シーズン2のバンタム級の賞金総額

さすがに、もうWBSSをご存じない「ボクシングファン」はいらっしゃらないでしょうね。

シーズン1はクルーザー級とS・ミドル級の2階級で昨年秋から開催され、あとはそれぞれ決勝戦を残すのみとなっています。まあ、エントリー選手は「わしボク」的には今一つという感じでしたが、とにかく賞金総額が桁外れ!です。

総額5000万ドル(約55億円)で優勝賞金が1000万ドル(約11億円)ですからね。

そもそもWBSSが一躍有名になったのは、この「半端ない」賞金でしょう。

「わしボク」が心配しているのは、その賞金の話です。

確かな情報ではありませんが、バンタム級の賞金総額は250万ドル(約2億7500万円)、あるいは400万ドル(約4億4000万円)とも言われています。

軽量級ですから、賞金が多少、少なくなるのは考えられますが、十分の一以下というのはあまりにもひどい話ですね。

(ここからケチ臭い計算)

単純に、五分の一が優勝者の取り分とすると、50万ドル~80万ドル(約5500万円~8800万円)となります。シーズン1の11億円とはえらい違いですね。

ファイトマネーはざっくり、残りの賞金を14(7試合2選手分を均等として)で割りますと、14万ドル~25万ドル(約1500万円~3000万円)ですか。これで計算あってますよね。

バンタム級のエントリー選手は錚々たるものですよ。軽量級とはいえ、シーズン1とは比べ物にならないでしょう。

それにもかかわらず、この金額が本当なら、何とも寂しい話ですよね~

バンタム級はエントリー辞退者が出るかも

さて、この賞金の情報が本当なら、一番危惧されるのは、エントリー選手の辞退ですよね。

ライアン・バーネットはイギリスで絶大な人気を誇っています(と思います)。

リスクを冒して、トーナメントに参加するには、(仮に250万ドルとしたら)あまりにも賞金が少なすぎます。イギリスのボクシング熱は、今や世界一といっても過言ではありません。

バーネットのファイトマネーは分かりませんが、今回のWBSSの優勝賞金の方が少ない、なんてことになったら、間違いなく辞退すると思います。

ゾラニ・テテも賞金次第では、「辞退する候補」ナンバー2ですね。

 

そもそも、「主催者は賞金を用意できているのでしょうか」というコメントを先日いただきました。

シーズン1は、まだ決勝戦が残っていますが、ここまでで、主催者側はどれだけ資金を回収できたのでしょね。

私にはとても採算が合っているとは思えないのですが…

ボクシングを盛り上げるために、「身銭を切る」には、あまりにも高額ですよ。

 

開催は秋ということですから、9月か10月に一回戦、12月か翌年1月に準決勝、そして来春に決勝というスケジュールが妥当な線だと思います。それにしては、まだ、なんの正式発表もないのが、とても心配です。

これだけ盛り上がっているWBSSシーズン2。まさか今更「やめます」はないでしょうね。

No tags for this post.

2 Comments

犀賀

こんばんは
ちょうど本日ジェイソン・モロニーの参戦と、1回戦でエマニュエル・ロドリゲスとぶつかることが発表されましたよ!
WBSSクルーザー級決勝の翌日(7月22日)にシーズン2の正式発表と対戦の抽選が行われることも決まりましたが、厳格なIBFの指名試合のためか先行発表したようです

正式発表が遅れているのは6月に行われる予定だったWBC王者決定戦が延期になったことが原因ではないかと思われます
サッカーW杯と丸かぶりした影響かスポンサーが集まらず興行が成立しなかったのです
なんとも勝手な話ですが、これによりWBC王者の参戦は絶望視されています

井上尚弥曰く「(WBSSに)自分は出るが残念な話を聞いた」との報道もありますが、これは参戦が有力視されていたドネアの辞退ではないかと予想しています

こういったこともありバンタム級の開催は間違いないと考えています
個人的にバンタム、スーパーライトの他にもう一つ開催される階級のほうが音沙汰なくて心配ですね

返信する
わしボク

犀賀さん、貴重な情報、ありがとございます。
とにかく開催が間違いないということが分かり、何よりです。
WBC王者の不参加は想定内でしょう。
気になるのは、賞金総額の発表ですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です