全勝の挑戦者のパワーに押されながらも3度目の防衛に成功 ゲイリー・ラッセルVSジェセフ・ディアス

ゲイリー・ラッセル(アメリカ)VSジェセフ・ディアス(アメリカ)

WBC世界フェザー級タイトルマッチ(2018年5月19日)

(出典:WOWOW)

ラッセルは、29戦28勝17KO1敗、29歳。これが3度目の防衛戦となります。

唯一の1敗の相手は、あのワシル・ロマチェンコですから、これは仕方がないですね。

4年前の2014年6月、WBO世界フェザー級王座決定戦を行い、なんと2-0の接戦で判定負けしています。

しかし、試合内容はロマチェンコの完勝でしたね。ラッセルが完全にスピード負けしていました。

この試合で、ロマチェンコはわずかプロ3戦目で、初の世界タイトルを獲得しています。

ディアスは、26戦全勝14KO、25歳。WBC1位。

両者ともサウスポーです。

スピードVSパワー

ハンドスピードではラッセルですが、前に出るパワーはディアスです。

ラッセルは速い右ジャブを放ちます。ディアスは高いガードでじわじわと距離を縮めます。

2ラウンド序盤は、ラッセルが回転の速い連打で、ディアスを圧倒します。

しかし、ディアスは接近してボディブローを放ちます。ラウンド終盤は、ディアスのパワーにややラッセルが押され気味になります。

ラッセルは必死にジャブで距離を取ろうとしますが、ディアスはお構いなしに前に出てプレッシャーをかけます。

手数ではラッセルですが、なんとなくディアスが押しているように見えます。

ディアスがパワーで押す

ラッセルは、声を出してパンチを出します。このあたりに何か必死さがうかがえますね。

それでも、ディアスの前進を止めることが出来ません。ディアスの重そうなボディブローがラッセルをとらえます。

クリーンヒットの数はラッセルですが、いかにもパンチが軽い感じです。

ディアスは被弾しながらも、ガンガン前に出てプレッシャーをかけます。ただ、前に出るものの、先にパンチを放つのはラッセルです。

ただ、手数では圧倒していますが、ラッセルに余裕は感じられませんし、むしろ試合の流れはディアスに傾いているように見えます。

決め手に欠くディアス

ディアスは前に出てプレッシャーをかけますが、距離を詰めるまでは手が出ず、ボディブロー以外は効果的なパンチがあまりありません。

これだけパワーでラッセルを押しているのに、ラッセルにダメージを与えることが出来ません。

結局、ラッセルの軽いながらも速いパンチが、ポイントを拾っていきます。

ディアスが前に出て、ラッセルが軽いパンチで接近を阻止していましたが、8ラウンドあたりから、ラッセルがうまく距離を取って試合をコントロールし始めます。

しかし、その後も、スリリングな場面は全くなく、退屈なラウンドが続きます。

ディアスはラッセルの速いパンチに翻弄され、回を追うごとに手数が減ります。

ほぼ同じ展開で、最終ラウンドを迎え、ディアスが最後の力を振り絞ってラッセルを追いつめますが、時すでに遅し。

判定は3-0(115-113,117,111,117-111)でラッセルが3度目の防衛に成功しました。

思った以上に差がついていましたね。私は115-113ぐらいが妥当だと思います。

愛読書「ボクシングマガジン誌」では、ラッセルをほめちぎっていましたが、私はラッセルはもうピークを過ぎたような気がします。

WBC2位のマーク・マグサヨなら、面白い試合になると思いますよ。

マグサヨ  ↓

フィリピン期待のホープ大ピンチをしのぐ マーク・マグサヨVSクリス・アバロス&オーストラリアのホープ、ポール・フレミングは凡戦

日本期待の清水聡は、ラッセルのスピードについていけないような気がしますね。

負けたディアスもまだ25歳ですから、自慢のパワーで、再度世界戦線に復帰してくると思います。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です