あなたは払えますか? アメリカでフロイド・メイウェザーVSマニー・パッキャオ戦をテレビ観戦するには1万円もかかります!

PacMan: Behind the Scenes with Manny Pacquiao--the Greatest Pound-for-Pound Fighter in the World

◆1試合観るのに1万円!

 

(ちなみにこの試合結果の感想は↓です)

やっぱりしょーもなかった! メイウェザーVSパッキャオ・・・面白かったのはワシル・ロマチェンコVSガブリエル・ロドリゲス – わしはボクシングマニア

 

アメリカでは日本のように地上波で、普通にプロボクシングを観ることができません。

一般的にはPPV(ペイパービュー)という仕組みで、試合ごとにお金を払って観ます。
WOWOWのような有料チャンネルとはまた違います。

注目のフロイド・メイウェザーVSマニー・パッキャオのPPV料金は、なんと1万円です。
テレビで観るだけですよ。もちろん生放送ですけど、それにしても高いですね~。

(ペイパービューというのは、PPVと言って、見たい番組を番組単位で購入し後で料金を払う視聴方法です。こういう方式は日本のボクシングにはありません。)

◆ファイトマネーの資金源

このPPVが二人のファイトマネーの大きな資金源になっています。

試合会場へいけない人がこの試合を生で観るには、PPVしかありませんからね。まあ、日本まできたらWOWOWで観ることができますけど、そんなあほな奴はいません。

 

仮に10万人が観たら10億円ですか。100万人が観たら100億円!

 

1000万人が観たら1000億円!!

 

どうやら、300万人を見込んでいるようですので、300億円がPPVの収入となりそうです。
でも、1万円も出してこの試合を観ますか?

私は絶対に観ません。こんな賞味期限の過ぎた退屈な試合、別に生でなくてもいいです。

www.boxing-blog.com

◆会場へ行ったらいくらかかるのか

リングサイドのチケット代はプレミアがついて、700万円とも言われています。

サラリーマンの年収よりも高いですね。信じられません!

公式の値段でも、一番安い席が15万円!(おそらく、リングの選手なんか豆粒みたいで、だれが誰かもわかりませよ!)これならPPVで1万円払う方がましか~。

で、そのチケット代の合計が(ゲート収益というそうです)89億円です。もう完売しているようです。
過去最高がメイウェザーVSサウル・アルバレスの23億円ですから、このゲート収益はもう破られることがなさそうですね。

◆気になるアンダーカード

私が最も楽しみにしているのが、当日のアンダーカードです。

最終決定ではないそうですが、セミファイナルが

 

WBO世界フェザー級タイトルマッチ、ワシル・ロマチェンコVSガマリエル・ロドリゲス。

 

それから、

Sミドル級のジェシー・ハートVSマイク・ジメネス

 

なんかも予定されているようです。

ロマチェンコは前回、手を痛めていますが、完治していたら素晴らしい試合を見せてくれるでしょう。これは絶対!生でみたいですね。

メインのロートル対決よりずっと面白いことは間違いないです。

 

(メイウェザーVSパッキャオ試合結果の感想は↓です)

やっぱりしょーもなかった! メイウェザーVSパッキャオ・・・面白かったのはワシル・ロマチェンコVSガブリエル・ロドリゲス – わしはボクシングマニア

 

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です