今、最も熱い階級はSフェザー級かも 超新星ジャーボンテイ(ゲルボンタ)・デービス&最強ワシル・ロマチェンコ&ミゲール・ベルチェルト&三浦隆司&ジェスリル・コラレス&ジェイソン・ソーサそして内山高志

まずは超新星、ジャーボンテイ(ゲルボンタ)・デービス(アメリカ)(IBF)

f:id:stonemeintothegroove:20170218130755j:plain

1月14日にIBF全勝の王者、ホセ・ペドロサ(プエルトリコ)をTKOで倒し、センセーショナルに王座を獲得したのがデービスです。

ペドロサは22戦全勝12KOでしたが、デービスも17戦全勝16KO。しかし、名のある対戦相手はありません。

「まだ早い」の声もある中、このフロイド・メイウェザーの秘蔵子は、ペドロサを圧倒しました。まさに、超新星の誕生です。ワシル・ロマチェンコにとっては、一番危険な相手かもしれません。

ロマチェンコはライト級に上げる前に、この超新星と対戦してほしいですね。

 

 

クラス最強はもちろんワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)(WBO)

 f:id:stonemeintothegroove:20161206133333j:plain

 

フェザー級から階級を上げて、ローマン・マルチネス(プエルトリコ)に圧倒的な強さを見せつけ、あっさり2階級目を獲得した時のワシル・ロマチェンコは、まさに異次元のスピードを見せてくれました。

そして、ノニト・ドネア(フィリピン)をKOで破ったニコラス・ウォータース(ジャマイカ)に全くボクシングをさせずにギブアップさせた試合で、私はロマチェンコがPFP1位だと確信しました。

 

三浦の標的、フランシスコ・バルガスを倒したミゲール・ベルチェルト(メキシコ)(WBC)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170131113935j:plain

 

まさかフランシスコ・バルガスが負けるとはね。

このミゲール・ベルチェルトはWBOの暫定チャンピオンでしたが、WBO正規王者のロマチェンコとの対戦を避け、WBCのバルガスに挑戦してきました。

下馬評ではバルガス有利でしたが、このベルチェルトは予想以上に強豪でした。

激闘王バルガスと真っ向から勝負し、打ち勝ちました。

 

WBCタイトルの挑戦権を獲得した三浦隆司

 

f:id:stonemeintothegroove:20170129180003j:plain

 

相手がバルガスからベルチェルトに変わりましたが、ひょっとしたらバルガスより難敵かもしれません。

私は、バルガスなら再戦すれば勝てるチャンスは十分あると思っていましたが、今の正直な気持ちを申しますと、三浦はベルチェルトに勝てないですね。

ベルチェルトならむしろ内山高志の方がチャンスがあるかもしれません。

 

内山高志に2度勝ったジェスリル・コラレス(パナマ)(WBA)

 

f:id:stonemeintothegroove:20170102132450j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170102132510j:plain

 コラレスは内山高志に2度勝っていますが、私の評価はあまり高くありません。

初戦は内山の油断、2戦目は内山のトラウマ。「もう一度やる」なんていう噂もあるようですが、内山がいつものように自分の距離をしっかり掴んで、カウンターを恐れず右を叩き込めば、今度は勝てるような気がします。

内山はむしろコラレスなんかとやるより、思い切ってジャーボンテイ(ゲルボンタ)・デービスと対戦した方が力が発揮できるかもしれません。そして、勝つようなことがあれば、強い内山が蘇るなてことは、ないですかね~

 

WBAタイトルを返上したジェイソン・ソーサ(アメリカ)

理由はわかりませんが、ジェイソン・ソーサはWBAのタイトルを返上し、4月8日にワシル・ロマチェンコの持つWBOタイトルに挑戦するようです。

ソーサはニコラス・ウォータースに引き分けていますが、あれは完全に負けていたと思います。したがって、おそらくロマチェンコには全く歯が立たないでしょう。

 

まだまだいますよ!フランシスコ・バルガス&オルランド・サリド&ハビエル・フォルトゥナ&ニコラス・ウォータース

 ミゲール・ベルチェルトには敗れましたが、フランシスコ・バルガスは体調が万全に回復すればまだ再浮上してくると思います。

オルランド・サリドは、ロマチェンコに唯一の黒星を付けた実力者です。十分世界を狙える実力を持っています。

ハビエル・フォルトゥナも虎視眈々とタイトルを狙っています。

ニコラス・ウォータースは一時はこのクラス最強といわれた選手です。このままでは終わらないでしょう。

そして、日本も尾川堅一、伊藤雅雪、末吉大とかなり選手層の厚いクラスです。

これからの展開がたのしみですね。

No tags for this post.

12 Comments

kaiban4

>理由はわかりませんが、ジェイソン・ソーサはWBAのタイトルを返上し
IBF・WBOは原則 WBA正王者(スーパー王者か 不在時の正規王者)とのみ 団体統一戦を認めてます
マニアなら 存じてるであろうことですが 注釈もつけずに WBA第2王座とか WBO暫定とかもかけるとか 言ってる人もいて困りモノです笑

返信する
stonemeintothegroove

kaiban4さん、コメントありがとうございます。
IBFやWBOのそういった取り決めは、初めて知りました。
今後ともよろしくお願いいたします。

返信する
オサリバン

こんにちは。
ロマチェンコ、ソーサ戦が決まった時には
当所WBOはこの統一戦を認めていましたよ。
いろんな所から批判が出ていましたが。
そして
ソーサがWBA王座を返上したのは、
実際は剥奪のようですね。
WBAが、ソーサにコラレスとの統一戦を指示したようですが、これを受けずロマチェンコ戦を優先した事が理由のようです。
どちらにしても今のこの階級はタレントが豊富で楽しめることは間違いありませんね。
個人的にはデービスの大化けに期待したいです。

返信する
stonemeintothegroove

オサリバンさん、こんにちは。
なるほど、結局WBA がイニシアチブを取りたかったのでしょうね♪
デービスにもビックリしましたが、もっとビックリしたのはマイキーガルシアですね。
来週、WOWOWで放送されますので、楽しみです!

返信する
kaiban4

>ロマチェンコ、ソーサ戦が決まった時には 当所WBOはこの統一戦を認めていましたよ。
えっ そうなんですか・・・
単に 様子見してただけだと思ってましたけど   それに御存知の通り ボクレコ&ウィキは半疑ですからね
四団体 大同小異は認めますが
あと 輪をかけて WBACは酷すぎますけど
あと剥奪は WBA会長がそう言ってたのは 俺も存じてますけど 業界特有っていうか 真実は本人しかわからないでしょうね   特にWBACのやること&言うことは 常識人には理解不能 笑 

返信する
stonemeintothegroove

kaiban 4さん、今晩は。
どうやらこのクラスは選手以上に、四団体も熱いんですね~。そういう意味で言うと、やっぱりWBA はスター不在かな?
私的には、実力は別にして、WBA はちょっと見劣りすると思いますよ。内山~。何とかしてくれ!と、本音はWBA は内山の派手なリベンジを期待してたのかな。

返信する
0O

初コメです
SFe熱いですね。王者も元王者も実力者揃いですが、個人的に推してる選手はテビン・ファーマーですね。負けは多くてペドラサに挑んで負ましたが今はペドラサ、コラレスより強いんじゃないかと思います。ロマチェンコのスパーリングパートナーだったそうです。
一時期は内山が最強と思われていましたがこんな選手が隠れていたとは、って感じです。
試合はディフェンシブで塩分濃度が濃いですね。
個人的には好きですが、本当はこういう選手をぶっ飛ばせるパッキャオみたいな選手が出てくるのが一番いいんですけどね・・・。
ロマチェンコはマイキーになんとかしてもらいたいです。

返信する
stonemeintothegroove

0Oさん、初コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
テビン・ファーマー、早速ダイジェストを見ましたが、速くて上手くて、手数も多い。私の好きなタイプです。ペドロサに負けたのが不思議なぐらいです。もう少しパワーがあれば申し分なしですね。
サウスポーですし、内山はこんな選手は苦手でしょう。
ロマチェンコは好みでないようですね。
私はロマチェンコもマイキーも大好きです。

返信する
0O

ロマチェンコ、嫌いな訳ではないんです。好きなほうです。個人的には面白いとも思ってます。メイウェザーやリゴンドーなどの塩ボクサーも面白く観れる人間です。でも応援したいかと言われるとそうではありません。
ロマチェンコの試合を初めて観たのはメイ対パックの前座のロドリゲス戦なんですけど、その時の印象は「うまいなぁ」と「なんだその倒す気のないパンチは」でした。結果的にはKOでしたが嫌倒れと諦めのようなKOという印象です。マルチネス戦では見直したぜ!って感じでしたが、ウォータース戦ではやっぱりロマチェンコだった…。
ボクシングの醍醐味はKOで、ポイントはKOで決着がつかなかった時の為に仕方なく用意されたものというのが個人的な考え方です。メイやリゴのようにポイント制を悪用する(と言っておきます)ボクサーやあっけないロマ、自分はまあまあ長い間ボクシングを見ているので技術戦も楽しめていますが、友人にすすめたとき、ライトなファンが観た時にウケるかと言われると微妙です。自分もロマチェンコがpfpだと思ってます。ただボクシングをすすめた時、トップにいるのがメイやロマのようなボクサーだった時がっかりされるのではないかと思うのです。
スピード&テクニックなスターボクサーといえばアリやレナードですが彼らは高速連打やアリシャッフルなどの無駄な動きを取り入れたエンターテイナーでKO勝利を狙うポイント制を悪用しない本物のボクサーでした。
ボクシングやったことないから言える事かもしれませんが多くのファンはやった事がないとハズ。客を楽しませる事を忘れてはそのスポーツは衰退します。ロマチェンコは嫌いではないので複雑な所もありますが、ボクシング界の為に誰かなんとかしてくれ〜という意味での書き込みです。
長々と記事と関係のない事を失礼しましたm(_ _)m

返信する
stonemeintothegroove

0O さん、間違ってるかも知れませんが、とても気持ちが分かる気がします。
私は玄人好みの試合より素人が、ボクシングをあまり知らない人達が好きな試合が、実は好きです。
要するに派手な倒しあいがボクシングの醍醐味だと思っています。
マニアの方にはよく批判されますが、地味な駆け引きより、勇気のある打ちあいがボクシングだと思っています。
輪島さんは、練習は根性です試合は勇気と言っていますが、まさにその通りだと思いますよ♪
長谷川さんは勇気のあるボクサーだったと、それが彼の人気の要因だったと思っています。
的外れだったらお許し下さい。

返信する
0O

いいえ、その通りです。
あれだけのセンスを持ちながら勝つ為のボクシングではなく倒す、魅せるボクシングを選んだ長谷川さんは本物のボクサーだと思います。もし勝つ為のボクシングを選び、玄人好みの選手になっていたらあれほどファンはついてこなかったでしょう。
マニアの中には玄人好みの試合について、なんで良さが分からないのか、みたいな閉鎖的な方もいますが、素人を引き込まなければそのスポーツは盛り上がりませんし、素人がいきなり地味な駆け引きを理解できる訳がありません。自分はタイソンやハメドと誰でも楽しめるまさに素人好みな選手を見てボクシングにのめり込みました。何故ボクシングを好きになったのか、それを忘れないでほしいです。(あれ、なんか上から目線?)

返信する
stonemeintothegroove

0Oさん、同感です。
私の希望はまさにその通りで、何とかもっとボクシング人気が高まることを願っています。
50年前は毎週、ボクシングの放送があったのですよ。
世界戦が全国ネットで放送されないなんてありえませんでした。
懐かしいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です