次はOPBFから世界へ 中谷潤人がフィリピンの元世界ランカーをあっさりKO VSデクスター・アリメンタ

中谷潤人(M・T)VSデクスター・アリメンタ(フィリピン)

フライ級10回戦(2018年7月7日)

(出典:日テレG+)

中谷は15戦全勝11KO、20歳。WBCフライ級5位。

中谷については「わしボク」が、東日本新人王戦から追いかけている期待のホープです。

全日本新人王戦ではやや苦戦しましたが、しっかり判定で期待に応えてくれました。

東日本新人王決勝   ↓

2106東日本新人王決勝 わしボクがちょっと気になった選手(中谷潤人、福永亮次、石井龍輝、大野俊人)

ついでに全日本新人王決勝も  ↓

ワシボクが選んだスーパースター候補はこいつだ! 全日本新人王決勝(富岡大樹&中谷潤人&福永亮次)

まさか、こんなに早く世界ランカーになるとは思いませんでした。

余談ですが、新人王決勝で中谷に判定負けした、矢吹政道は先日、世界ランカーをKOしていますね。

 

 

アリメンタは、16戦13勝9KO3敗、22歳。WBOアジアパシフィックライトフライ級10位。

元世界ランカーで、KO率の高い危険な相手ですよ。

あっけない幕切れ

初回は、中谷が左の射程距離を図っている感じです。

お互い探り合いのうちに1ラウンドが終了しました。

2ラウンドに入ると、中谷の右ジャブが増えてきます。

左右のボディブローが効果的ですね。

中谷の長い距離に、アリメンタは、なかなか中に入れません。

中谷の左ストレートが、かなりヒットし出しました。距離が合ってきた感じです。

上下の打ち分けもいいですね。

 

そして3ランド早々、中谷が勝負に出ます。

ロープに詰めて左右のボディブロー。

(この左右のボディブローが結構効いたようです)

何とかコーナーから脱出するアリメンタに、うまく距離を取って長い右ストレートをヒットし、狙いすました左ストレートを放つと、ロープまで下がったアリメンタが膝をつきます。

非常に相手の動きをよく見て戦っていますね。

(とどめの右ストレートがアリメンタの顎ととらえると、アリメンタはロープに下がり膝をつきます)

しかし、ここからはいけません。中谷が、倒れた相手にさらにパンチを打ちこみます。

慌ててレフリーが止めに入り、ダウンを宣告し、カウントアウト。

(倒れたアリメンタにさらにパンチを打ちこむ中谷)

昔、具志堅用高さんが、ダウンした相手に、さらにパンチを打ちこんでたのを思い出しました。

いずれにしても、ダウンした相手にパンチを放つのは良くないですね。

場合によっては反則を取られますよ。

今回は、アリメンタが戦意喪失した感じで、ダウンしたので、相手陣営からのクレームはなかったようです。

 

次はOPBFタイトルを狙うようです。いよいよ世界を見据えて、動き出すようですね。

フライ級にしては長身(171㎝)ですし、パンチ力もあります。しかもまだ弱冠20歳。楽しみですね。

 

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です