日本バンタム級王座決定戦のアンダーカードに世界ランカーが2人登場 まずは近藤明広の再起第二戦

近藤明広(一力)VS宮崎辰也(マナベ)

S・ライト級8回戦(2018年9月1日)

(出典:日テレG+)

近藤は、38戦30勝17KO7敗1分け、33歳。IBF世界S・ライト級4位。

昨年11月にニューヨークで、セルゲイ・リビネッツとIBF世界S・ライト級王座決定戦を行い、善戦むなしく判定でタイトル獲得に失敗しています。 ↓

予想外に(失礼!)大健闘 近藤明広VSセルゲイ・リピネッツ IBF世界S・ライト級王座決定戦

この試合が、再起第二戦となります。

宮崎は、21戦9勝9KO11敗1分け、34歳。

戦績は負け越していますが、勝利はすべてKOというハードパンチャーです。なかなか不敵な面構えをしていますね。

「わしボク」は、世界ランカーの近藤に一泡吹かせてくれないかな~と、淡い期待をしています。

やはりスキルの差は歴然

宮崎は明らかに初回から倒しに行っていますね。

近藤は左ジャブで、宮崎をうまくコントロールしています。

宮崎はちょっと力みすぎですね。まあ、仕方がないとは思いますが。

 

初回から距離を図っていた近藤のノーモーションの右フックが、2ラウンド開始早々にヒットし、宮崎が体勢を崩します。

そして、さらに近藤の右ストレートがクロス気味にヒットし、宮崎が腰を落としました。

しかし、近藤もここは深追いはしません。

宮崎は、近藤の右に合わせて、相討ちを狙っています。

やはり、宮崎にとっては、近藤の左ジャブが邪魔ですね。

残り30秒のところで、近藤の打ち下ろし気味の右が宮崎の顎をとらえ、宮崎が膝をつきました。

(近藤の右打ち下ろしで宮崎が膝をつく)

宮崎が、ダウンを奪われました。

立ってきた宮崎に、近藤が畳みかけますが、何とかこのラウンドを凌ぎます。

 

そして、3ラウンド中盤、近藤の右ストレートがカウンターでヒットし、宮崎が2度目のダウン。

(宮崎の右合わせて、近藤の右ストレートがカウンターでヒット)

これは、かなり効いたはずですが、宮崎は立ってきます。

近藤の右が何度かヒットしたものの、宮崎は鼻血で顔を真っ赤に染めながら、しぶとく打ち返してきます。

 

4ラウンドは一気に近藤が倒しに行くのかと思いましたが、宮崎の強打を警戒し、自分の距離を保ち、冷静に試合を運びます。

そしてようやく5ラウンド、宮崎がロープに詰まった近藤にパンチを打ちこもうとしたところへ、近藤の止めの右フックがヒットし、宮崎が3度目のダウン。レフリーはすぐに試合をストップしました。

(とどめは、右のフック。レフリーはすぐに試合をストップしました)

近藤が、5RTKOで再起第二戦を勝利で飾りました。

 

次は世界、ということですが、「わしボク」としては、やはり岡田博喜と対戦して、「日本人NO.1」を証明してから、世界に挑んでほしいと思います。

 

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)