速報)日本S・フェザー級タイトルマッチ 末吉大VS大里拳 カットによるTKOで初防衛成功

末吉大(帝拳)VS大里拳(大鵬)

日本S/フェザー級タイトルマッチ(2018年2月3日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20180204114042j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180204114050j:plain

(出典:日テレG+)

 

*  *  *

 

先日は、当サイトの記事に誤りがあり、大変失礼致しました。

当該記事を削除するとともに、お詫び申し上げます。

当ブログでは引き続き、ボクシング界の更なる飛躍を願い、引用の範囲でテレビ等から情報を収集し、皆様にお届けしていく所存です。微力ではありますがよろしくお願い申し上げます。

 

*  *  *

 

さて、末吉はこれが初防衛戦。前回の試合はちょっと不甲斐ない試合でしたね。

17戦16勝10KO1敗、27歳。

大里は14戦13勝4KO1敗1分け、23歳。

末吉はタイトルを獲得した試合が不完全燃焼でしたから、世界を目指すなら、今度が正念場だと思います。

 

試合経過)

1R)

大里の方が長身ですね。

前に出るのは大里、ジャブが長いのは大里です。

末吉は少しガードが甘い感じがします。

2R)

大里がプレシャーをかけます。

末吉は少し長い距離が苦手か。それでも少しずつ距離を詰めます。

末吉のガードの低さが気になります。

3R)

末吉は距離の長さに少しずつ慣れてきた感じです。

末吉の右がヒットし出しました。

おっと、大里の右で末吉がダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180204114248j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180204114256j:plain

(ガードの甘さをつかれましたね。大里の右をまともにもらってしまいました)

それほどダメージはなさそうですが、末吉は必死の防戦でこの回を乗り切ります。

4R)

やはり末吉のガードの甘さを突かれましたね。

末吉がやや押され気味で、大里がペースを握っている感じです。

5R)

下がる末吉。どうもいつもの末吉とは違います。

ラウンド後半にようやく、末吉の動きが良くなっていた感じです。

6R)

48-46で末吉がリード?

 

大里が出てきました。どうも末吉は距離の長さに苦労している感じです。

大里の左が長いので、避けるのが精いっぱいですね。

末吉の右はやや精度が悪い感じがします。

7R)

大里が前にでます。末吉は大振りの右に頼りすぎでジャブが少ないですね。

大里が攻勢をかけます。末吉はやや押されています。

しかし、最後は末吉の右がヒットしました。

8R)

末吉の右がヒットしますが、どうもジャブが少ないですね。

試合全般的に、末吉の腰が引けているのがどうも気になります。

 

そして、大里の左目がカット。末吉の右パンチでのカットしたようです。

f:id:stonemeintothegroove:20180204114520j:plain

(末吉の切り裂きパンチ。この右で大里の腫れていた目の上が大きくカット)

レフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180204114723j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180204114730j:plain

(かなり傷が深いようですね。レフリーはパンチによるカットとして、末吉のTKO勝ちとしました)

TKOで、末吉がなんとか初防衛に成功しました。

 

この2試合、末吉は精彩を欠いていますね。

これでは、ちょっと世界は難しいと思います。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です