速報)小田翔夢VS脇田将士 ライト級6回戦 沖縄のホープ、小田の強打がさく裂し、3RTKO勝ち!

小田翔夢(白井・具志堅)VS脇田将士(堺東ミツキ)

ライト級6回戦(2018年8月16日)

(出典:日テレG+)

小田は、8戦全勝7KO、19歳。日本ライト級6位。2016年の全日本新人王です。

脇田は、17戦8勝3KO7敗2分け、22歳。日本ライト級14位。サウスポーです。

日本9位にランクしましたが、2連敗で、ランクを落としています。

試合経過)

1R)

脇田はかなり背が高いですね。

まずはお互い、距離を図っている感じです。

小田が右ボディをヒット。

小田にとっては、サウスポーで長身の脇田は、かなり距離が遠い感じです。

しかし、中盤から小田の右の距離が合ってきたようです。

小田が前に出ます。

2R)

小田は、やはりサウスポーはやりにくそうですね。

脇田のアッパー!

小田は、少し攻めあぐねている感じです。

脇田がうまく距離を取っていますね。

小田が強引に攻めますが、脇田はなかなかクリーヒットを許しません。

3R)

脇田が上手く距離を取っていましたが、小田の右ストレートが脇田の顎をとらえ、ダウン。

(右ストレートがジャストミート)

小田はやはりパンチがありますね。

立ってきた脇田に、小田が一気に攻め立て、右フックで脇田は2度目のダウンを喫します。

(右フックの打ち下ろしが顎を打ち抜いています)

小田が連打で攻め立てますが、脇田も応戦。

スリリングなパンチの交錯でしたが、小田が脇田の打ち終わりに右をヒットし、脇田の腰が折れたところで、脇田陣営からタオルが投入され、レフリーが試合をストップしました。

(小田の右ストレートで脇田が腰を落とし、タオルが投入)

小田が3RTKO勝ち。

小田のパンチ力なら荒木仁人を倒せると思いますよ。

長身のサウスポーを攻略したことも、大きな成果ですね。

何よりも、タイやインドネシアのわけのわからないボクサーじゃなく、日本人ランカーと対戦したことがとても良かったと思います。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)