速報)江藤光喜VSデルフィン・アシス 世界を狙うにはほど遠い出来ながら、何とか6RKO勝ち

江藤光喜(白井・具志堅)VSデルフィン・アシス(フィリピン)

52.5キロ契約10回戦(2018年8月16日)

(出典:日テレG+)

江藤は27戦22勝17KO4敗1分け、30載。WBC世界S・フライ級5位。

アシスは、14戦9勝8KO5敗、24歳。

江藤は、まだしぶとく世界を狙っていますが、パンチ力はあるものの、打たれもろいし、世界に通用するようなスキルはありませんね。

「わしボク」的には、江藤はとても世界ランカーのレベルとはいえません。

相手はおパンチ力がありそうですし、倒される危険性は充分にありますね。

試合経過)

1R)

江藤にとっては内容を問われる一戦です。

長身の江藤が左ジャブをつきます。

江藤の左のボディは強いですが、スピードがありませんね。

その右ストレートに合わせてアシスの左フックをもらい、江藤が大きく体勢を崩します。

(アシスの左フックが江藤の顎にヒット)

かなり、効いたようですが、何とかこのラウンドを凌ぎました。

2R)

危惧していた展開になってきましたね。

江藤のボディブローが決まりますが、アシスはあまり効いた感じがありません。

江藤の右ストレートはスピードがないので危険です。

ようやく、江藤は少しリズムを取り戻しつあります。

右ボディが効果的です。

3R)

少し江藤のパンチに力がこもってきました。

お互いボディブロのーの打ち合い。しかし、ようやく江藤のボディブローの効果が出てきた感じです。

江藤が連打を浴びせます。

4R)

相変わらず右ストレートにスピード感はないですが、リズムは出てきましたね。

しかし、アシスもしぶとく江藤の打ち終わりに、パンチを打ち返してきます。

世界ランカーの江藤、もたついています。

アシスのカウンターはタイミングが合っていますね。

江藤のボディ攻撃が効いていますが、アシスもしぶといですよ。

5R)

江藤は、ようやく本来のボクシングになってきましたね。

右のタイミングも良くなってきた感じです。

しかし、アシスもしぶといですね。江藤のボディブローに耐えています。

6R)

序盤から、江藤が左右の連打。

ボディブローも効果的です。

そして、ようやく右フックの打ち下ろしから左ボディブローの返しのパンチがヒットし、アシスがダウンしました。

(力が抜けてスムーズなパンチでしたね)

左のボディブローがかなり効いていますね。

カウントアウトで、江藤がKOで勝利を得ました。出来の悪い試合でした。

しかし、かなり課題を残す試合となりましたね。

「わしボク」的には世界は、絶対に無理、と断言します。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)