WBSSバンタム級にノニト・ドネアが参戦!すべては7月22日の抽選会で決まるようです

改めてエントリー選手のご紹介

シード選手

井上尚弥(大橋)             WBA王者

ライアン・バーネット(イギリス)     WBAスーパー王者

ゾラニ・テテ(南アフリカ)         WBO王者

エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)  IBF王者

その他エントリー選手

ノニト・ドネア(フィリピン)       元5階級制覇王者

ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)WBO1位 WBA4位

ジェイソン・マロニー(オーストラリア)  IBF11位 WBA2位

ミーシャ・アロイヤン(ロシア)*     WBA5位

ここで、アロイヤンの名前が出てきたのが不思議ですね。アマチュアではかなりの実績があるようですが、プロではまだ4戦の実績しかなく、しかもすべて判定勝ちです。

WBA暫定王者のレイマート・ガバロ(フィリピン)は、ドネアの参戦でエントリーを見合わせたのでしょうか。

まあ、最強を決めるトーナメントということでしたら、私は、アロイヤンよりガバロの方がふさわしいと思いますよ。

トーナメント組み合わせ

すでに決定しているのは、

エマヌエル・ロドリゲスVSジェイソン・マロニー

これは、IBFのタイトル防衛戦でもあります。

 

モスクワで、7月22日に抽選会があるということです。

前日にWBSSのクルーザー級の決勝が、モスクワで行われるので、その流れで実施されるのでしょうね。

クルーザー級の決勝

オレクサンダー・ウシク(ウクライナ)WBCチャンピオン

         VS

ムラト・ガシエフ(ロシア)WBAスーパーチャンピオン

 

アロイヤンの名前が急に出てきたのも、なんだかこのあたりに事情がりそうですね。

バンタム級の開催地もロシアらしいですよ。アメリカじゃないんですね。

とにかく、すべては7月22日に決まるということです。

 

ところで、バーネットが辞退するとう噂がありますね。

そこで浮上するのが、ルイス・ネリです。しかし、こいつがシード選手というのは納得いきません。

シード選手となると、WBA暫定王者のガバロの方が、妥当ですね。

井上の対戦相手はドネア?

井上はシードされていますから、ノーシードの誰かと対戦することになります。

一応、バーネットが参加するとして考えますと、ノーシード選手の中で、すでに対戦が決まっているマロニーを除くと、3人。すると、ノニト・ドネアといきなり初戦で当たる確率が3分の1ですね。

井上尚弥VSノニト・ドネア

いや~ワクワクしますね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)