心を入れ替えた?問題児エイドリアン・ブローナーは退屈な試合を演出させる天才 VSジェシー・バルガス

エイドリアン・ブローナー(アメリカ)VSジェシー・バルガス(アメリカ)

144ポンドキャッチウエイト12回戦(2018年4月21日)

(出典:WOWOW)

ブローナーは37戦33勝24KO3敗1NC、28歳。WBCスーパーライト級4位。

ご存知、ボクシング内外での問題児です。マイキー・ガルシアに全くいいところなく敗れたのに、まだ世界のトップ戦線に生き残っているのですね。

マイキー・ガルシアが問題児を中途半端に退治 VSエイドリアン・ブローナー

それにしてもWOWOWさんは、ブローナーが好きですね。私はこんな退屈なボクサーに何の魅力も感じません。

もう「終わった」ボクサーです。

バルガスは、30戦28勝10KO2敗、28歳。

こちらもパッキャオに完敗して、完全に世界戦線から離脱したかと思いきや、結構各団体で上位にランクしていますね。WBC3位、WBA2位、IBF4位。とてもそんな実力があるとは思えません。

速報)パッキャオが大差の判定でタイトル奪取 VSジェシー・バルガス

サダム・アリをTKOに下し、WBO世界ウェルター級タイトルを獲ったのも、番狂わせと言われています。

今回の144ポンドのキャッチウェイトもなんだか怪しい臭いがしますね。本当はS・ライト級でやる予定が、ブローナーが140ポンドの身体を作れなかったから、というのは少しひねくれて考えすぎですか。

まあ、バルガスがウェルター級なので、普通に考えれば144ポンドは妥当かもしれません。

相変わらずパンチのスピードだけは速いブローナー

ブローナーは身長169㎝ですが、リーチは177㎝もあり、結構遠い距離から左ジャブをヒットさせます。

しかも、相変わらずスピードだけは健在です。

しかし、ただそれだけで、右は派手な音でヒットしますが、握りが甘くややオープン気味で、見た目ほど威力はありません。

これに対し、バルガスは手数で応戦します。コンスタントにパンチを放ち、ややローブロー気味のボディブローでペースをつかみます。

回を追うごとに手数が増えていくスタイルは(国籍はアメリカですが)典型的なメキシカンボクサーですね。

ただ、残念なのはパンチの威力です。もう少しパワーがあれば、ブローナーを苦しめたでしょう。

バルガスが終盤失速

中盤はブローナーにもエンジンがかかり、一進一退の攻防で、ペースの奪い合いとなります。

そして、9ラウンドの終盤、ブローナーが珍しく連打でバルガスを窮地に陥れます。

その後は、バルガスがやや失速し、手数が減りブローナーに押され気味になります。

ただ、ブローナーも追撃の手数が少なく、退屈なラウンドを消化して、12ラウンドが終わりました。

 

お互い勝利を確信していたようですが、結果は1-0(115-113,114-114,114-114)のドロー。

こんな試合、なぜチンタラと12ラウンドもやるのか不思議です。8回戦ぐらいの方が、もう少しまともな試合になったと思いますよ。

まあ、ブローナーは最近、体重オーバーをやらかすことがなくなり、少し心を入れ替えた感じなのが、唯一の救いですね。

とにかく、この引き分けで、どちらも生き残った感じですね。残念です。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です