エリクソン・ルビンがフランス人世界ランカーにパワーで圧倒 VSザガリア・アトゥー

エリクソン・ルビン(アメリカ)VSザガリア・アトゥー(フランス)

(出典:WOWOW)

WBC世界S・ウェルター級挑戦者決定戦(準決勝)(2019年6月29日)

ルビンは、21戦20勝16KO1敗、23歳のサウスポー。WBC4位。

2017年10月にジャーメル・チャーロ(弟)に1RKO負けして、初黒星を喫しています。その後は2連勝して、また世界挑戦へのチャンスをつかみました。

アトゥーは、37戦29勝7KO6敗2分け、37歳。WBC12位。

37歳のベテランですが、現在引き分けを挟んで10連勝中です。

試合経過)

ルビンの強打が爆発するか

1R)

体格はほとんど同じですが、リーチはルビンの方がかなり長いようです。

ルビンが右ジャブを突いて、プレッシャーをかけます。アトゥーは下がりながら様子を見ています。そして、ルビンの右ボディストレートでアトゥーの腰が落ちかけます。ルビンがかなり強めにプレッシャーをかけ、アトゥーを追いかけます。アトゥーの苦し紛れのワンツーは、ステップバックで軽くかわされます。

2R)

ルビンは右ジャブを突いて、じっくり前に出ます。ルビンの速いジャブが、アトゥーの顔面をとらえます。 アトゥーはルビンのプレッシャーに押されっぱなしになってきました。

そして、ラウンド中盤、ルビンの左ストレートがアトゥーの顔面にヒット。さらに、ルビンのパンチが上下にヒットし、アトゥーはもはや防戦一方になってきました。しかし、最後に放った、ルビンの左右フックは少し雑ですね。

3R)

アトゥーのパンチをほぼ見切ったルビンは、余裕の表情で右ジャブを突いて、じわじわとプレッシャーをかけます。そして時折、速いワンツーをヒットし、倒すチャンスを狙っています。アトゥーは、ほぼ「なすすべなし」になってきた感じです。しかし、ルビンの攻撃もやや雑で、パンチの正確性に欠けるような気がします。

4R)

ルビンの右腕が力こぶのように腫れてます。しかし、4ラウンドの開始のゴングには応じました。

このラウンドは、ルビンが少しプレッシャーを強めてきました。アトゥーも腰を落として必死に応戦しますが、ルビンのパワーに押され、あっという間にコーナーに詰まります。

そして、ルビンの右フックが顎にヒットし、強引な左右のパンチは何とかかわしたものの、返しの左フックでロープに腰を落とした状態になります。

(この右フックが効きました)
(この左フックは秀逸でしたね)
(これは完全にダウンでしょ)

そこから、ルビンが連打を畳みかけると、防戦一方になります。いつ止めてもおかしくない状況が続きますが、レフリーはなかなかストップしません。そして、右フックがテンプルをかすめると、アトゥーがようやくダウン。

(最後は引っ掛けるような右フックがテンプルをかすめます)

立ってきたアトゥーは、試合再開に応じましたが、ここでセコンドからタオルが投入されました。もっと早く止めても良かったと思います。ルビンは4RTKO勝ちで、決勝(挑戦者決定戦)へコマを進めます。

まあ、力の差が歴然としていましたが、倒しに行った時のルビンの攻撃は、相変わらず雑ですね。しかし、まだ23歳ですから、これからさらに強くなるでしょう。今の実力でも、カルロス・アダメスより受けかもしれませんよ。

「わしボク」S・ウェルター級ランキング

1位 ジャーメル・チャーロ(WBC1位)

2位 ハイメ・ムンギア(WBO王者)

3位 ジュリアン・ウィリアムス(WBA・IBF王者)

4位 ケル・ブルック(WBA4位)

5位 エリクソン・ルビン(WBC2位)

6位 カルロス・アダメス(WBO1位)

7位 ジャレット・ハード(WBA1位)

8位  デニス・ホーガン(WBO3位)

9位  トニー・ハリソン(WBC王者)

10位  エリスランディ・ララ(WBA2位)

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)