ベテラン対決は、お互いダウンを奪い合い、ジャン・パスカルが僅差で逃げ切る VSバドゥ・ジャック(WBA世界Lヘビー級タイトルマッチ)

ジャン・パスカル(カナダ)VSバドゥ・ジャック(スウェーデン)

(出典:WOWOW)

WBA世界Lヘビー級タイトルマッチ(2019年12月28日)

パスカルは、42戦34勝20KO6敗1分け1NC、37歳。179cm(リーチ183cm。

2019年8月、マーカス・ブラウンに負傷判定で8年ぶりに王座返り咲きを果たしています。

ジャックは、27戦22勝13KO2敗3分け、36歳。184cm(リーチ192cm)。WBA11位。

元2階級制覇王者。2019年、マーカス・ブラウンとWBA王座決定戦を行い、判定負けで王座獲得に失敗しています。

試合経過)

世界戦とはいえ、全盛期を過ぎたベテラン対決。魅力に乏しいマッチメイクですね。

パスカルが大振りのパンチでダウンを奪う

序盤からパスカルが大振りのパンチを放って、積極的に攻め込みます。ジャックはガードを固めて、相変わらず慎重な立ち上がりです。

3ラウンド辺りから、ジャックも長いワンツーを放って反撃に転じます。ジャックの左ジャブが、パスカルにはかなり邪魔ですね。

4ラウンドは、ジャックが連打を浴びせて、攻め立てます。パスカルは飛び込んで大振りのパンチを放ちますが、なかなかヒットしません。ペースはジャックに傾いてきたように見えましたが、4ラウンド終盤、パスカルの大振りの右オーバーハンドがヒットし、ジャックは足をばたつかせ、前のめりになりながらダウンします。

立ってきたジャックですが、かなり効いています。しかし、ここはゴングに救われます。

ジャックはパスカルの不味い攻撃に助けられる

しかし、パスカルの追撃はジャックの堅いディフェンスに阻まれ、ジャックが徐々にダメージを回復させます。パスカルは一発を狙いすぎましたね。

その後もジャックの手堅いボクシングにパスカルは攻めあぐね、せっかくのダウンを帳消しにしてしまった感じです。

徐々にペースはジャックに

完全にダメージが回復したジャックが、8ラウンド辺りから反撃に転じます。パスカルも応戦しますが、攻撃が雑で、少しずつペースはジャックに傾いていきます。

9ラウンドも先手を取ったのはジャックです。パスカルは相変わらず大振りのパンチを振り回します。パンチの的確性で、ジャックが上回っていますね。特に左ジャブが結構ヒットしています。

今度はパスカルがダウン

終盤まで同じような展開が続き、勝負は微妙な判定にもつれ込むかと思われました。ところが、最終ラウンド開始40秒のところで、ジャックが連打をまとめ、オーバーハンドに右フックでパスカルが大きくバランス崩し、前のめりにダウンします。

残り2分以上ありましたが、パスカルに粘られ、仕留めきれませんでした。このあたりがジャックの欠点ですね。

判定は2-1(114-112,114-112,112-114)でパスカルが辛うじて防衛に成功しました。「わしボク」はジャックの完勝だと思いましてけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)