速報)山中竜也VSビック・サルダール WBO世界ミニマム級タイトルマッチ 判定負けでタイトルを失う

山中竜也(真正)VSビック・サルダール(フィリピン)

WBO世界ミニマム級タイトルマッチ(2018年7月13日)

(出典:フジテレビONE)

山中は、18戦16勝5KO2敗、23歳。2度目の防衛戦となります。

初防衛戦は、はぼ完璧なボクシングで、挑戦者を圧倒しました。

初防衛戦   ↓

W世界戦 山中竜也の初防衛戦(WBOミニマム級)&小西伶弥の王座決定戦(WBAライトフライ級)

サルダールは、20戦17勝10KO3敗。27歳。WBO3位。

2015年の年末に田中恒成に挑戦し、ダウンを奪いながら、田中のボデーブローで逆転KOを喫しています。

その後7勝1KO1敗の戦績で、再度世界挑戦のチャンスをつかんでいます。

VS田中恒成戦   ↓

田中恒成 大逆転KOの詳細 VSビック・サルダール

山中が、序盤のサルダールの攻撃をうまく捌けば、後半にKOチャンスがあるような気がします。

試合経過)

テレビ放送は、CSフジテレビONEで午後7時から生中継されます。

放送枠が3時間もありますから、恐らく小西怜弥の試合から中継が始まり、その後、山中の防衛戦、時間が余ればアンダーカードの録画放送があるのではと、勝手に想像しています。

予想通り、小西の試合の後に、山中の試合が始まりました。

1R)

サルダールの方が一回り大きく見えますね。

これは強いですよ。田中戦よりパワーアップしている気がします。

山中がやや押されいる感じがしますね。

深追いすると怖いですよ。

2R)

サルダールの圧が強いですね。山中の左フック、左ボディがヒットしました。

山中のディフェンスはしっかりしています。

3R)

山中は左ボディがうまいですね。

緊迫した応戦。お互いスピードがあります。

山中が左のボディブローを執拗にヒットします。

小西よりボディブローはうまいですね。

4R)

しかし、サルダールはパワーが感じられます。

今度は山中がプレス。ボディブロー。

山中の左ボディが効果的です。

サルダールの攻撃はしっかりガードしています。

5R)

ややお互い、警戒しすぎてパンチが出ません。

6R)

山中の左ボディ。

すこし、山中が強引に攻めます。

しかし、サルダールにダメージは感じられません。

7R)

ボディの打ち合い。

おっと、サルダールの右ストレートがヒット!

(左ジャブがヒットし、狙いすました右ストレートがジャストミート)

山中がダウンしました。これは効いた!何とか立ってきましたが、残り1分弱。

(山中は仰向けにダウン)

(右ストレートが完璧に山中の顎を打ち抜いています)

なんとか、このラウンドをしのぎましたが、ダメージはかなりありますね。

8R)

このラウンド、サルダールはそれほど出てきません。

山中はステップを踏んで、ダメージの回復を図ります。

終盤は少しボディブローを返します。

9R)

怖い怖いサルダールですが、山中も少し回復してきた感じです。

しかし、まだ右に威力がありません。足に力が入っていないのでしょう。

10R)

山中はまた、ボディブローで反撃します。

山中の右がヒット。山中が攻勢をかけます。サルダールにすこし疲れが見えます。

11R)

今日のサルダールは意外とボディが強いですね。

山中の攻撃が単調で、サルダールにボディブローが読まれているようです。

12R)

ポイントは負けているかな。

ダウンを奪わないと、勝てないでしょう。

サルダールは勝利を意識して、撃ち合いません。

山中の攻撃も空回りしています。

 

これは、負けたね。

判定は3-0(115-112、116-111、117-110)の判定負けで、タイトル防衛に失敗しました。

意外と差がつきましたが、山中のボディブローがあまり評価されなかったのでしょうか。

終盤、足がつって、失速したのが惜しまれます。それとパンチ力の差が結果につながりましたね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です