速報)小西怜弥VSオーリー・シルベストレ WBOアジアパシフィック・ライトフライ級王座決定戦 小西が最終ラウンドにTKOでタイトルを獲得

小西怜弥(真正)VSオーリー・シルベストレ(フィリピン)

WBOアジアパシフィック・ライトフライ級王座決定戦(2018年7月13日)

(出典:フジテレビONE)

小西は、16戦15勝5KO1敗、24歳。2位。

今年の3月にWBA世界ライトフライ級王座決定戦で、カルロス・カニサレスに判定負けして、王座獲得に失敗しています。この試合は、その再起戦でもあります。

W世界戦 山中竜也の初防衛戦(WBOミニマム級)&小西伶弥の王座決定戦(WBAライトフライ級)

シルベストレは、15戦11勝7KO3敗1分け、24歳。5位。現在、5連勝中で勢いはあります。

とはいえ、小西はここで負けるわけにはいきませんね。

試合経過)

両選手がグローブをつけ、試合を待っていている状態です。

小西の体重は、計量より7キロ増えているそうです。

1R)

お互い、もう距離が合っている感じです。いきなりボディの打ち合い。

シルベストレは、ガードがしっかりがしてますね。

小西がややプレッシャーをかけています。

2R)

小西が左目をカットしました。

小西はボディブローで応戦します。

このカットは小西には苦しいですね。ヒッティングによるものと裁定されました。

3R)

小西のボディブローが効果的です。

小西がプレッシャーをかけます。しかし、シルベストレのパンチもパワーがあります。

小西の右がヒットしました。

4R)

小西の左ボディが効果的です。体幹では勝っていますが、時折、不用意に左フックをもらいます。

小西はとにかくボディ攻撃。しかし、シルベストレは、この打ち終わりにワンツウーをヒットしてきます。

5R)

小西の左ボディが効果的にヒットしています。

ようやく小西がパワーでは勝ってきました。

左のボディからのパンチがほしいですね。右のパンチが少ない。

6R)

さあ、そろそろ決めてほしい。

シルベストレのパンチは読めているようです。

ただ、時折、不用意にパンチをもってします。

小西の攻撃も少し単調になってきました。

7R)

まだ、小西が完全にペースを握った感じはないですね。

シルベストレも応戦してきます。

小西は左ボディだけ。攻撃が単調ですね。

8R)

シルベストレが少し息を吹き返してきました。

小西のプレスがが少し弱くなってきましたね。

やや攻めあぐねる小西。パンチの精度も悪くなってきました。

9R)

小西が少しペースダウン。左目の出血も辛いですね。

ややペースがシルベストレに傾いた感じです。

10R)

シルベストレがボディブローで攻勢をかけけます。

やや、小西が押されていますね。

執拗なシルベストレのボディ攻撃に手を焼いています。

11R)

ボディブローの応酬。

シルベストレはまだパワーがあります。

小西は、やや押されていますね。

ラウンド終盤、小西のワンチーがヒットし、シルベストレがたたらを踏みます。

12R)

シルベストレが必死の反撃。

しかし、小西の右フックがカウンターでヒットし、シルベストレがダウンしました!

(小西の右がカウンターでシルベストレの顎を打ち抜いています)

何とか立ってきたシルベストレですが、足元がおぼつきません。レフリーが、テンカウントを数えました。

苦しい戦いでしたが、何とかKOで小西がタイトルを獲得しました。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です