「スーパールーキー」ライアン・ガルシアが圧巻の1RKO勝ちVSフランシスコ・フォンセカ(ライト級12回戦)(DAZNで本日11時から生配信)

(出典:DAZN)

ライアン・ガルシア(アメリカ)VSフランシスコ・フォンセカ(ニカラグア)

ライト級12回戦(2020年2月15日)

ガルシアは、19戦全勝16KO、21歳。178cm(リーチ178cm)。WBA2位。

ロメロ・デュノを1Rで秒殺した、全世界注目のスーパールーキーです。

フォンセカは、29戦25勝19KO2敗2分け、25歳。171cm(リーチ177cm)。

2敗はいずれも世界戦です(2017年、ジャーボンテイ・デービス 8RKO負け。2018年、テビン・ファーマー 判定負け)。ライト級へ階級を上げ、世界戦線再浮上を狙っています。

試合経過)

(出典:DAZN)

ガルシアは、デュノに引き続き、難敵を選びましたね。フォンセカもなかなかの強打者です。この相手を簡単に倒すようですと、ワシル・ロマチェンコもうかうかできませんよ。

圧巻の左フック一発

ガルシアが前に出て、フォンセカは下がりながら左ジャブで距離をとります。ガルシアの左ジャブがヒット。そして、さらに左フックでフォンセカの腰が落ち替えます。

開始1分、フォンセカの右に合わせて、ガルシアが左フックをカウンターで放つと、フォンセカは大の字になってダウン。完全に気を失って、レフリーはすぐに試合をストップしました。わずか80秒、まさに秒殺でした。

「わしボク」の節穴の「目」

今回から、ブロクの最後に、「わしボク」の感想みたいなものを書いてみることにしました。例のよって見当違いな解説をするかもしれませんが、何卒ご容赦ください。タイトルは変わるかもしれません。

まずは感想

いや~、それにしてもガルシアの左フックは強烈でしたね。最初の左フックでフォンセカの腰が落ちかけ、さらに左フックをカウンターで決めると、まさに大の字になって倒れました。

先にフォンセカが右を放ちましたが、それを避けるようにして、絶妙のタイミングで左フックを打ち抜いています。ディフェンスも抜群で、パンチはスピードも威力も桁外れでしたね。

リナレスVSガルシア

アンダーカードのに登場したホルヘ・リナレスのKOも見事でしたが、それを上回る圧巻のKO劇でした。リナレスに対抗して、力んでパンチが空回りするかな、と危惧しましたが、「わしボク」の想像をはるかに上回るスーパールーキーでした。この二人は年内に激突するかもしれませんね。タイトルマッチよりはるかに魅力的なカードですよ。

スピードは互角、ディフェンスのうまさも互角、でもパンチ力は圧倒的にガルシアに軍配が上がりますね。それと、ボディワークの柔軟さが違います。リナレスは体が硬いですね。序盤で、ガルシアが倒すと思いますよ。

2 Comments

ガルシアは恐ろしい選手になりましたね
階級を上げる以前はタンクといい勝負するんじゃないかと考えてましたが
パワーを手に入れた今のガルシアならタンクに勝てるんじゃないかと

それにしても1Rであのカウンターを当てれるのが凄い。

返信する
わしボク

jさん、コメントありがとうございます。
今のライト級なら、ガルシアが一番強いかもしれませんね。
デービスは、ガンボアに意外と手こずりました。何より、素行が悪すぎます。
ロマチェンコも危ういですね。ライト級でWBSSやってくれないいかな。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)