速報)和氣慎吾、世界前哨戦でリベンジマッチにTKO勝ち VS中嶋孝文 

S・バンタム級10回戦(2019年1月19日)

(出典:日テレG+)

和氣慎吾(FLARE山上)VS中嶋孝文(竹原慎二&畑山隆則)

和氣は、32戦25勝17KO5敗2分け、31歳。IBF4位、WBC4位。サウスポー。

2016年にジョナタン・グスマンにTK負けしてから、5連勝。日本タイトルを返上し、再度世界を狙います。

中嶋は、41戦29勝13KO11敗1分け、34歳。

2012年に、和氣に判定勝ちしている百戦錬磨のボクサーです。

試合経過)

一度負けているとはいえ、ここはあっさりKOで力の差を見せつてほしいものですね。

1R)

前に出る中嶋を和氣は下がりながら捌きます。しかし、和氣は初回から結構、積極的に打って出ます。相手の力量を見切った感じがしますね。

2R)

いつものように和氣は下がりながら、カウンターを狙っています。左のアッパーで和氣が攻勢に出ます。

3R)

和氣のセコンドからはゴーサインが出たようです。強引には行きませんが、ペースを握っています。果敢に前に出る中嶋の攻勢も、和氣のボディワークでかわされます。

4R)

相討ち覚悟の中嶋の攻勢を、和氣はボディワークで捌きます。和氣の
左のボディは効果的ですが、右はちょっと少ないですね。

5R)

中嶋の右がヒット。和氣の手数が少ない気がします。和氣の左のボディブローがヒットしますが、中嶋はひるまず前に出ます。

6R)

この回も、和氣は相変わらず消極的です。しかし、和氣はパンチ力がありますね。左アッパーのカウンターでダウンを奪うと、一気にラッシュして、試合を終わらせました。

(見事な左アッパーのカウンター)
(最後はワンツーの連打)

見事なカウンターでしたが、相変わらず消極的なボクシングが気になります。TJ・ドヘニーの技巧に対抗するなら、もっと積極的に攻めないと、ポイント負けしますよ。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)