速報)ホルヘ・リナレスVSパブロ・セサール・カノ (WBC世界S・ライト級挑戦者決定戦)リナレスがまさかの1RTKO負け

ホルヘ・リナレス(帝拳・ベネズエラ)VSパブロ・セサール・カノ(メキシコ)

WBCインターナショナルS・ライト級シルバータイトルマッチ

リナレスは、49戦45勝28KO4敗、33歳。WBC2位、WBO4位。

S・ライト級に上げてから、パワーアップした感じがします。

カノは、40戦31勝21KO7敗1分け1NC、29歳。

元WBA世界S・ライト級暫定チャンピオンです。

DAZNの情報によりますと、WBC世界S・ライト級挑戦者決定戦として行われるようですね。

試合経過)

両選手がリングに登場し、選手紹介が始まります。いよいよゴングです。

開始早々、いきなり放ったカノの右ストレートがヒットし、リナレスがもろくもダウンを喫しました。ちょっと不用意でしたね。

立ってきて応戦するリナレスですが、カノの右クロスが顎をとらえ、2度目のダウンを喫します。これはかなりダメージがありそうです。一気に決めにかかるカノの左フックで3度目のダウン。リナレス苦しい!残り20秒あまり。しかし、カノの連打でよろめきながら後ろに下がったリナレスを見て、レフリーが試合をストップしました。

まさかまさかのリナレスTKO負け。しかも1ラウンド。体が温まら内に一気に勝負に出たカノの作戦勝ちですか。それにしても、今日のリナレスは脆かったですね。2009年10月、WBA世界S・フェザー級の初防衛戦で、ファン・カルロス・サルガドに1RTKO負けした試合を思い出しました。

No tags for this post.

2 Comments

わしボク

怒りの王子さん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、リナレスの敗戦はすべてKO負けで、意外なもろさが弱点です。
階級を上げて、克服したしたかと思っていましたが、残念です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)