エストラーダにもうちょっと派手なパフォーマンスがあればね~ ファン・フランシスコ・エストラーダVSフェリペ・オルクタ 

ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)VSフェリペ・オルクタ(メキシコ)

S・フライ級12回戦(2018年10月25日)

(出典:WOWOW)

エストラーダは、39戦36勝25KO3敗、28歳。WBC1位。

コンパクトなパンチ、巧みなボディワークによるディフェンス、ステップワーク、どれをとっても一級品ですが、ボクシングに派手さがなく、微妙な採点になると、どうしてもジャッジにアピールするパフォーマンス不足で損をしています。

シーサケット戦でも、相手のパンチはほとんどまともにはもらっていません。ただ、エストラーダのパンチはコンパクトで、オーバーアクションのシーサケットに比べると地味でしたね。

シーサケット・ソールンビサイが乱暴なボクシングで押し切る VSファン・フランシスコ・エストラーダ 「スーパーフライ2」

オルクタは、40戦36勝30KO4敗、32歳。WBC7位。

長身ですが、KO率75%の強打者です。

序盤はエストラーダの技巧が光る

序盤のエストラーダは、いつも見事なボクシングを披露します。

リラックスした構えから、ポンポンとパンチを放ち、オルクタのパンチは巧みなボディワークで空を切らせます。

そして、オルクタが前に出てプレッシャーをかけ始めると、少しずつギアをあげ、オルクタの攻勢を冷静にさばきます。

「まるで、格下相手にレッスンをしているみたい」と解説の西岡利晃さん。

オルクタが中盤からプレッシャーを強める

オルクタは長身ですが、やや猫背でとてもパワフルな感じはしないのですが、KO率75%は数字だけではありませんね。

シーサケット戦でも感じましたが、エストラーダはパワフルに前に出られると、どうしても体幹負けしてしまいます。

それでも7ラウンドは、前に出てパワフルにパンチを放つオルクタに対し、エストラーダは一歩も引かず応戦。激しい打ち合いになりました。

しかし、パワーとパンチ力で勝るオルクタは、エストラーダのパンチにひるむことなくガンガン前に出て、さすがのエストラーダも押され気味。完璧なディフェンスに、少しずつほころびが見えるようになってきます。

距離をとるエストラーダ

7~8ラウンドでややスタミナを使ったエストラーダは、下がりながら距離をとり、オルクタの攻勢を捌きながら、立て直しを図ります。

終盤の2ラウンドは、エストラーダがペースアップし、攻勢に転じます。最終ラウンドはかなりオルクタを追いつめましたが、意外とタフで粘り強いオルクタに逃げ切られてしまいます。

判定は3-0(118-110、117-111,117-111)でエストラーダが再起戦を勝利で飾りました。

オルクタは見た目以上にタフでパワーがありましたね。

序盤の展開から、エストラーダが楽に勝てると思いましたが、意外に苦戦しました。

エストラーダは、フライ級の方が力を発揮できるような気がしますね。

恐らくシーサケットと再戦しても、前回と同じような展開になるでしょう。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)