日本頂上決戦を制したのは… プロたたき上げの木村翔VSアマチュアエリート田中恒成  WBO世界フライ級タイトルマッチ

木村翔(青木)VS田中恒成(畑中)

WBO世界フライ級タイトルマッチ(2018年9月24日)

(出典:TBSチャンネル)

約1か月前に、フライ級の日本頂上決戦が行われました。

YouTubeで見たときは、田中の圧勝という感じがしましたが、テレビで見るとなかなかの激戦でしたね。

終盤は田中にも余裕がなかった感じです。とりあえずこの激戦は、遅ればせながら、ブログに残しておこうと思った次第です。

 

木村は、20戦17勝10KO1敗2分け、29歳。

デビュー戦は1ラウンドKO負けという、まさにたたき上げの雑草チャンピオンです。

何度も言うようですが、中国でゾウシミンを倒して世界タイトルを獲得した時は、日本のボクシングファンを「アッ」と言わせましたね。

田中は、11戦全勝7KO、23歳。

木村とは対照的なアマチュアエリートです。すでに全勝で二階級を制覇し、ここで勝てば、あのロマチェンコと並ぶ三階級制覇の最短記録となります。

序盤を制したのは挑戦者

下の階級から上がってきた田中ですが、体幹的には遜色ないように見えますね。

前に出てプレッシャーをかける王者に対して、一歩も引かずに応戦します。

そして、出入りのスピード、パンチのスピードと、スピードで上回る田中が、コンパクトなパンチをヒットさせ、序盤のペースを握ります。

木村もパンチは空を切る場面が多く、まだ距離感がつかめていません。

2ラウンドの左フックで、木村が大きく体勢を崩し、早くもピンチに陥ります。明らかに効いています。

(木村でなかったらダウンしていたでしょうね)

3ラウンドも、まだ、ダメージの残る木村に、田中のコンパクトなパンチがことごとくヒットし、4ラウンドも、右ストレートはほぼ狙い撃ち状態です。

後手後手に回る木村も反撃しますが、完全に田中にパンチを見切られています。

中盤は激しい打撃戦

このまま終わらないのが雑草王者です。

ボディブローを中心に、中盤から反撃に転じます。

序盤にスタミナをかなり使った田中のパンチが、やや雑になってきました。

ダメージから回復した木村は、ようやく田中のパンチに反応できるようになってきた感じです。

田中のスピードも序盤に比べると落ちてきたように見えます。木村のボディ攻撃でガードも下がり、被弾するシーンが増えてきました。

しかし、田中も木村のプレッシャーに負けずに、応戦します。クリーンヒットは減ったものの、手数では負けていません。木村が打てば、必ずコンビネーションでパンチを返します。

パワフルでやや大振りの木村のパンチに対して、田中はコンパクトに上下に打ち分け、ほぼ互角の打ち合いが続きます。

もみ合いで消耗した挑戦者

パワーとスタミナで上回る王者と、互角に押し合った田中の消耗はかなりのものだったでしょうね。

終盤は、さすがの木村もかなりスタミナが切れて、気力でパンチを放っていた感じでした。

クリーンヒットの数では圧倒的に田中だと思いますが、木村は見栄えのいいパンチでジャッジのポイントを引き寄せます。

後半、消耗戦になってからは、田中に少しずつ余裕がなくなってきていましたが、試合全体を通じてペースを支配していたのは、田中だと思います。

 

私の採点は、116-112で、田中ですが、公式ジャッジが意外に接近していたので、驚きました。

引き分けはないと思いますよ。

2-0(116-112、114-114、115-113)で田中がタイトルを獲得しましたが、3人のジャッジ全員が一致したラウンド数はわずか「5」。

ボクシングのスキルでは、田中の圧勝ですが、木村には見えない「力」がありますね。ラウンドが進むに連れて相手が消耗していくのが分かります。ほとんどの対戦者がこの「力」に心を折られています。

そういう意味では、田中の気力は大したものだと思います。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)